So-net無料ブログ作成
幼少期 ブログトップ
前の5件 | -

赤十字病院の想い出 [幼少期]

私は赤十字病院で生まれた。
母に抱かれた写真の他に、看護婦さんに抱かれた写真が残っている。


病院関係者が誕生記念のつもりでカメラを持たない
貧乏夫婦のために撮影してくれたのだろう。


住所は北海道旭川市曙1条1丁目1-1だそうだ。
私はてっきり1条西だと思っていた。


この病院は、当初札幌にあったものが、札幌に北大付属病院ができることを契機に、大正13年に旭川に移転。最初の診療科は内科・外科・産婦人科・小児科・耳鼻科で、旭川始まっていらいの大病院だった。産婦人科があったことから、旭川市民の多くはこの病院で生まれたに違いない。


この病院のサイトに、開設当時そして昭和40年代の画像がある。


赤十字病院.jpg


なお、昭和61年の道新記事に古い画像がある。こちらは手術室。経緯的に私が生まれた場所は、この部屋であろう。

赤十字病院.jpg

大正12年建設、昭和62年に取り壊されたようだ。



旭川バイパスを通らずに旭川市内に入る道すがら、曙から1条通りに入り、最初に生まれた病院を目にし、病院の建物をみる度に、何度もほっとしたものだ。


生まれた病院の歴史は忘れないようにしたいものである。

タグ:手術 誕生 出生
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

取り壊された建物 想い出の人たち [幼少期]

取り壊される建物には、例外なく、想い出の人々とその人生が存在している。


旭川で取り壊された建物で、有名になった最初の建物は、旭町の旧藤井病院(旧宣教師館)と思う。



当時の道新記事が残っている。

藤井病院1.jpg



北海タイムスは解体工事を記事にした。

藤井病院2.jpg


時代は変わり、旭川の中心部は解体、更地化が近年相次いでいる。



隣の家の解体工事の場合、誰も立ち会い者が居なかった。私はかつての隣人に変わり、解体業者に隣に住んでいた者であると、挨拶した。
古き物、由緒ある物、歴史と伝統ある物について無関心な人だらけの時代に入ったと思ったからである。



先日、ある商家の解体工事にて、解体工事の進捗を見つめる老人の悲しげな後ろ姿、スマホで写真撮影している人たちを目撃した。おそらく、創業時からの一族の方々なのであろう。

郷土の歴史が先祖とその一族の奮闘の所産であることを知るならば、由緒ある建物の取り壊しに鈍感、無関心であっていいはずはない。




旧藤井病院について覚えていることをメモしておきたい。おそらく三歳くらいから数年間、母は旧藤井病院に治療のために私をおんぶし通院した。廊下は薄暗く、ひんやりとしていた。診察室の人影はまばら。待合室に共産党のポスターが貼ってあった。先生は診察の都度私を見るなり、「まっすぐに前を見るように」言った。診察が終わると、母と先生は10分くらい世間話し、母は先生の話を聞き安心したようだ。話題は子育てに係わるものが多かった。先生は、母の前で私のことをいつも褒めた。私にとって藤井先生は慈父のような存在だった。母は先生から褒めて育てる術を学んだように思う。
そういうやりとりを経て、私は藤井先生に名前を覚えられ、かつ、褒められた患者の一人であることを意識して育った。


三角屋根の藤井病院の建物については、なんとなくそういう形の建物があったことを覚えている。診察時とはうって変わりにこやかな表情で褒めてくれた、藤井先生への恩返しもあり、かすかな記憶を辿り、忘れまいとしてこの原稿を残すことにした。


冒頭の新聞記事は、「緑の西洋館」(川島洋一編)からの引用である。この本のまえがきを書かれている藤井征子さんは、藤井先生のご子息の奥さまだそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

四つの噴水の想い出 [幼少期]

噴水について、四つの想い出がある。


一つ目の想い出はは、世界的に有名な噴水公園。場所は、ローマの郊外チボリにある。


イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』  イタリアの世界遺産
http://xn--5ck5a4gob177z170cgian33q.com/worldheritage/tivoli/


三十年前、公園近くまで列車に乗り継いで行ったものの、駅前に並んだ現地のタクシーに乗る気がせず、行くのを断念した。世界遺産に登録されているほどの歴史的価値があるなら、交通手段、地図について事前入手しなかったことを後悔している。



二つ目は、地元旭川常盤公園の噴水。

二○一四年五月撮影の噴水が見える写真を見つけた。年に一度は散歩がてら立ち寄ることにしている。歴史的価値も芸術的価値もありそうもない、普通の噴水だが、見ているだけでなつかしい気持ちになる。


常盤公園201405.jpg



三つ目は、買い物公園にある「手の噴水」と呼ばれる彫刻


以前は四条にあったものがいつのまにか八条に移動した。


手の噴水2016.jpg


四つ目のは、オフイス街の公園にあった噴水と書きたいところだが、小さい頃、ある店の中に噴水と庭のようなものがあったと思われるもの。その建物はもうない。階段の真下みたいな位置の、室内花壇の中にその噴水は置かれ、周りを色とりどりのパンジーの花で飾っていたような気がする。その写真を探している。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

祖母が愛した名店 [幼少期]

私の祖母は大変信心深い人で、暇を見つけてはお寺に立寄り、住職と世間話するくらい、社交的な人だった。
お寺の前を通る時はきちんと礼をすることを欠かさない、今の年寄りがしないようなことを当時きちんとやっていた。


宗派は、真宗大谷派。後年、ある用事で、祖母の実家の宗派だった浄土真宗本願寺派のお寺に問合せすると、檀家ではないが寺によくお見えになられた人ということで、後を引き継いだ住職に覚えられていたほどだった。

祖母の話題は、東旭川方面に住む親族のこと(兄弟姉妹?、いとこ?)、仏事に関するもの、本願寺派に関するもの、特定の仏壇店に関するものが多かった。話題はこれら四つの繰り返しだった。本願寺派に関するものは結構難しい内容だったように思う。


仏壇店の話はどうだったかというと、先日その店に立ち寄った際、こういう話になった、ああいう話になったという内容で、来る度に母に話していた。(50年くらい前の話)


作法とはそういうものだと繰り返し語った人だった。そうやって、祖母は、伝統やしきたりを母に伝えようとしたことになるのであるが、こういう話題が多いことから、祖母はその店の常連客だったような気がする。その仏壇店で、年に数回、線香やろうそく、その他の品物を買うついでに、店のどこかでお茶を飲みながら、帰りのバスが来るまでの小一時間、店の誰かと話しこんでいたのではないか。明治の人たちは、そういう付き合いを好んだような気がする。当時の店の人たちは、祖母の名前と顔、宗派を覚えているはずだし、店に親戚か親しい知り合いでもいるのだろうと子供心に思ったくらい、店の名を何度も聞かされた。
祖母は、その店の商品について品物が良いと言っていた。


だから、線香や数珠などを購入する際、迷わずそこに行った。値段が高いとか安いとかそういう次元の問題ではない。祖母の引き継ぎ事項なのである。


祖母は、店の名を語りつつ、私に仏事の存在を伝えようとしたのである。

その店、この3月末で、創業100年を以て廃業するとの情報を突然知った。チラシには、廃業・完全閉店と書いてある。


その店は、この業種では、旭川では誰もが認める一番店、良心的で商品知識が豊富なことで知られている。廃業せざるを得ない世情であることに反発を覚えている。
こういう良心的で、間違いがない店がなくなってしまうことについて、後で旭川全体の損失だったと多くの人が気づかされるだろう。


道新は1月24日に、建物が近い将来取り壊されることになるだろうという趣旨で報じている。


+++++++++++++++++++++++++


創業100年に幕 万感の思い*家具・仏壇販売の宮川本店 3月末閉店*地域に愛された店舗 取り壊しへ
【写真説明】1937年(昭和12年)に建てられた宮川本店の「家具の宮川」
掲載 2018/01/24


+++++++++++++++++++++++++


道新が、万感の思い、地域に愛された店舗と報じていることから、多くの人から惜しまれ廃業に至ったようだ。老朽化により、取り壊しとなることはいずれ避けられないにしても、関係者の胸中察するに余りあるように思う。


祖母の時代を含め、相当の存在感あった店なのであるから、できることがあれば何かしたい、協力したいと考えている顧客はたくさんいるのでなかろうか。そんな気がしてならない。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

アンデイ・ウイリアムズショーの想い出 [幼少期]

小さい頃、あまり良い想い出はない。

家の中が、ギスギスしていたように思う。


食事が終わると同時に、会話が途切れた記憶しかない。

そんな時代、日曜の昼、たまたま遊びに行った家のテレビで放送されていたのがアンデイ・ウイリアムズショーだった。


ただ、歌を歌う番組なのだが、アンデイ・ウイリアムスが歌うだけで気持ちが和んだ。


英語がわからないとかそんなことではない。
言葉がわからなくても気持ちは伝わるものだ。

囁くような、それでいて語りかける歌い方が印象的だった。


Andy Williams - I Will Wait For You (1970) シェルブールの雨傘
https://www.youtube.com/watch?v=eiy59iiDaKk


Andy Williams - More(Year 1964) モア
https://www.youtube.com/watch?v=PdRLO5iRPVA


Andy Williams - Days of Wine and Roses(Year 1963) 酒とバラの日々
https://www.youtube.com/watch?v=UB0GkgHpJLY


Andy Williams - Moon River (Year 1967) ムーンリバー
https://www.youtube.com/watch?v=hdoDuUVSBWk


私は、この番組を眺めつつ、家庭のあり方を学んだような気がする。

日本でのこの番組を放送したのはNHK、1966から1969年までの放送だったそうである。

タグ:NHK 家庭
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - 幼少期 ブログトップ