So-net無料ブログ作成

幸せを呼ぶメヌエット [想い出の曲]

目を閉じ、聴いて欲しい舞曲がある


John Ireland - A Downland Suite - 3rd Movement (Minuet)
https://www.youtube.com/watch?v=XUPLaj0RrrU


何が浮かぶだろうか


私には、海外生活が浮かぶ
浮き世離れした相手となら
こんな生活になるような気がする



幸せな夫婦の語らいが
聞こえてくるような曲である

タグ:新婚 名曲 舞曲
nice!(0)  コメント(0) 

四季の記憶 残像 [想い出の曲]

春には、無機質で透明感ある雨が降る


夏には、空を覆う青い影を背景に星空が広がる


秋には、眩い月光が部屋に差し込む


冬には、結晶状の雪の華がしんしんと降る


繰り返しの中に季節はあった




フィンランドの作曲家Palmgren作曲のピアノ小品の中から、旭川の四季のイメージに近いものを選んでみた。


Selim Palmgren ~ Raindrops Op. 54
https://www.youtube.com/watch?v=652jH3oknvw


パルムグレン: 3つの夜想的情景:星はきらめく
https://www.youtube.com/watch?v=2u4CVKEg8wk


Selim Palmgren ~ Moonlight Op. 54
https://www.youtube.com/watch?v=BVi5I2TfCEI


Selim Palmgren ~ Snowflakes Op. 57
https://www.youtube.com/watch?v=nn4paafNsjM


Raindrops、The Stars are Twinkling は傑作の部類に入るだろう。

nice!(1)  コメント(0) 

石狩川の歴史資料 [ふるさと]

あまり知られてはいないが、北海道開発局は石狩川に関する歴史資料を作成、公表している。




昭和28年、昭和44年頃の旭川周辺の河川地図が見れる。


石狩川.jpg



雑誌では、「にっぽん週刊川紀行 第9号 北海道」(学研)がある。

惜しいのは、どちらにも、石狩川の源流画像がないことだ。




一方で、登山者が、石狩川の源流地点を歩いて見つけ出したとする情報がある。


石 狩 岳 母なる河・石狩川の源流に最初の一滴を求めて
http://www.noboribetsu-sangakukai.com/15yamanokiroku0712.html


石狩沢~石狩岳~ペテトク沢 石狩川源頭を訪ねて
http://ezoyama.web.fc2.com/tozan/ishikaridake.htm


ただ、学術的意味もなく、趣味、興味本位、商業的理由で、壊さなくていいものを壊し、リスクがある沢登りをするのはどうかと思う。


自然は自然のままでそっとしておいて欲しいものである。

nice!(2)  コメント(0) 

昭和20、30年代の旭川の中心市街地図 [ふるさと]

昭和20年代、30年代当時の旭川の中心市街地図があることご存じであろうか。


絶版古書の「旭川歴史探訪」という本に、昭和28年7月の「旭川市街案内図」が掲載されている。あいわプリントは平成23年にA2サイズの復刻版を出した。
以下は、その一部の画像。


市街案内図4  官庁・商業地区.jpg


あいわプリントは、続いて、昭和39年に作成された、「旭川個別案内図」(旭川中央図書館蔵)の復刻版を平成29年に出した。この地図、当時は一冊2000円だったそうだ。


面白いのは、昭和28年、昭和39年の二つの地図を比較すると、官庁・商業地区において、現在と随分異なる場所に主要官庁、銀行、商店等があったことが確認されることである。

昭和28年の地図は、戦後の混乱が収まった時点のもの、昭和39年の地図は、旭川が道北の中核都市として発展し始めた時期のものである。

今日時点で、復刻版の地図の入手は難しいかもしれない。が、がっかりする必要はない。中央図書館の郷土資料コーナーにて、閲覧、コピーが可能なはずである。

これとは別に、昭文社が発行している古い「都市地図」や、古い時代の道路地図も所蔵しておく価値がある。町名変更前、表記変更前の、当該地域の当時の表記が確認できるからである。

nice!(1)  コメント(0)