So-net無料ブログ作成

立原道造詩集 「溢れひたす闇に」 [詩]

立原道造の詩集の中から、見落としていた名詩を見つけた。







立原道造「暁と夕の詩」 Ⅶ 溢れひたす闇に 


美しいものになら ほほゑむがよい

涙よ いつまでも かわかずにあれ

陽は 大きな景色のあちらに沈みゆき

あのものがなしい 月が燃え立つた

 
つめたい!光にかがやかされて

さまよひ歩くかよわい生き者たちよ

己(おれ)は どこに住むのだらう――答へておくれ

夜に それとも昼に またうすらあかりに?

 
己は 嘗(かつ)てだれであつたのだらう?

(誰でもなく 誰でもいい 誰か――)

己は 恋する人の影を失つたきりだ


ふみくだかれてもあれ 己のやさしかつた望み

己はただ眠るであらう 眠りのなかに

遺された一つの憧憬に溶けいるために

 
(岩波文庫「立原道造詩集」より。)





最初の4行の旧仮名遣い表現が素晴らしい。

同じサイトにて、現代表記も読めるが、私は旧仮名遣いの方が、詩らしいのではないかと思う。

この詩にマッチしそうな動画を探してみた。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚