So-net無料ブログ作成

今年プレゼントしたかったもの [愛するもの]

今年プレゼントしたかったものがある。



ペアルックのマフラー。



高校の東にあるスーパーの系列店にて、紳士物のマフラーでペアルックで似合いそうなものを見つけた。
デザイン的には、英国製、素材はラムウールと思う。



ほとんどそっくりなものが、ネットで販売されている。






あなたにはオレンジの柄が似合っていると思う。


マフラーA.jpg


マフラーB.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

懐かしい動画  1991年8月の北海道旭川市 [ふるさと]

Yutubeにて、「1991年8月の北海道旭川市①~⑩」という動画集を見つけました。


なかなか見かけることがない、駅前のタクシー乗り場、アサヒビル、長崎屋、国原、千秋庵、瀬戸物屋、たくしょく市場、赤松などが見れます。街頭放送も録音されています。③から⑧がおすすめ。



1991年8月の北海道旭川市⓵ 路線バス(旭川電気軌道)から観た懐かしい街の風景 4条4丁目~木工団地
https://www.youtube.com/watch?v=SEuGwaLuWpE

1991年8月の北海道旭川市② 路線バス(旭川電気軌道)から観た懐かしい街の風景 木工団地~東光11条3丁目
https://www.youtube.com/watch?v=2KsIxGI9CPU

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景③ 旭川駅前
https://www.youtube.com/watch?v=yrCW64dKMOw

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景④ 買物公園(旭川西武~ロータリー)
https://www.youtube.com/watch?v=w7GKUypmyDk

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景⑤ ロータリー~常盤公園
https://www.youtube.com/watch?v=SpKNN4w6b0Y

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景⑥ 緑橋通り~旭川駅前
https://www.youtube.com/watch?v=L5ikZx8KsPc

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景⑦買物公園(オクノ~丸井~長崎屋~西武周辺)
https://www.youtube.com/watch?v=H5VedWiXKJk

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい風景⑧旭川駅周辺(旭川駅~エスタ前~アサヒビル~西武内連絡通路)
https://www.youtube.com/watch?v=NrF3MVebLiU

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい街の風景⑨1条通りパート1(旭川駅方面へ)
https://www.youtube.com/watch?v=rt-jc59jwoE

1991年8月 北海道旭川市内の懐かしい街の風景⑩1条通りパート2(買物公園から東光豊岡方面へ)
https://www.youtube.com/watch?v=hx0FayTFJVU






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

彼女たちが望んだもの [振り返って思うこと]

彼女たちが語る一言、その言い方、その時の表情で、彼女たちが私に求め、望んだ社会的地位、肩書が何であるか、私は気がついている。


総じて、彼女の父親と同レベルのものを求められたような気がする。


彼女たちが望んだ社会的地位は、経営者、医者、大学教官、大企業重役である。


どれもなろうとしてなれるものではない。


彼女たちのことは今でも嫌いではない。彼女たちの気持ちもわかっている。


が、余りに多くを求める相手では、うまくいかないと思うようになり、そういうことと無縁の人を無意識に女性に求めた。出会った中で、妻は自分にとって最もストレスのない相手だったということになる。


私がやりたかったのは、立身出世とは別次元のことだったのである。

タグ:父親 地位 肩書
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

たった一言のせいで縁遠くなってしまった女性のこと [学生時代]

周囲の評価を気にしない人は
時に相手にもっとも辛辣な言葉を見つけ出し言ってはならない一言を発する。



そういう人には何を言っても無駄である。


意識しているかどうかは別として



一人の美貌の女性が目の前にいたとする。
その女性、もちろん美貌。スタイルも良い、頭の良い人だ。
育ちも申し分ない。


が、なぜか縁遠い。


誰も声をかけようとしない。



その女性について、女子高時代の噂を聞いたことがある。
相手を完全に打ちのめす言葉を吐いてしまったことがあったようだ。


その行為に尾ひれが付き、私も知ることになってしまった。

その女性は、言ってはならない言葉を語ってしまったようだ。



私は気がついている。
私と語り合った、彼女は二度とそういう言葉を吐かない人であることを
彼女は二度間違いを繰り返すほど、愚かでないことも。


が、もし仲が壊れてしまった場合
彼女は私に対して、言わないで済むことまで言うかもしれない。


なぜなら、その女性は
その時点時点で相手が生涯忘れない辛辣な言葉を見出すスキルがあるのだ。



別れが辛いのは、自分だけではない。
相手から見て最も辛辣な言葉を用意できる人と

なぜ交際しなくてはならないか。


私は答えが見つからず
同行し語りかけてくる
彼女の気持ちに薄々気がついていたものの


何も約束せず、彼女と地下鉄駅にて別れたのだった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

恋心 本当の気持ちを隠すこと [愛するもの]

ある新聞の人生相談コーナーにて、一世代下、別の男と同棲中の女性、に恋していまった30代の男性の告白を読んだ。


回答者はそれなりの作家。


受け入れるかどうか準備できていない相手に、一方的に気持ちを伝えても
逆効果、自己満足に終わる。


何も言わなくても、いつか自然に伝わるもの。
実際、何度もそうなった。



記事は、「相手がいやがることだけは、なさらぬように。当分は今の状態を続けてください。苦しくても、胸に秘めたまま、お仕事をしてください。これが恋なのです。本当の恋は本心を隠し通すことです。」
と結んでいる。



本当の恋とは本心を隠し通すこと



好きな同志であっても
うまくいかない苦い経験
そして
好意を持ちながらも、私に決して気づかれまいとしていた女性がいたこともあり
私には、人生の深淵を象徴する一言に思えるのである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚