So-net無料ブログ作成

先祖は故郷から花を持ち込んだのではないか? [ふるさと]

最近になって、母が実家から持ってきた草花の品種名が気になり、調べ始めた。


母方の先祖は開拓農家。その庭先に、先祖の地にあるような植物があることに気づいた。


中でも玉咲きサクラソウは、歴史的に由緒ある品種だそうだ。
玉咲きサクラソウは武士がこぞって珍重した品種だそうだ。園芸店で見かけることはまずない。

DNA分析するなど、由来を調べる価値はありそうな気がする。
開拓した先祖の人たちは、故郷から草花を持ち込み、大雪山を眺め、北陸の地、富山から見える立山連峰を懐かしんでいたのではないかと思うのである。




玉咲きサクラソウ

文化財としての桜草園芸種
 荒川流域に野生種が残っている。浦和・田島が原の野生集団は、昭和27年に天然記念物に指定されたが、昆虫が減り、有性生殖が不調になれば遺伝的な多様性は低下してしまうとと考えられている。荒川区・尾久の原では、江戸時代にすでに乱獲による衰退が始まっていた。全国で、野生種の衰退・絶滅は進んでいるが、絶滅を危惧する人たちの努力が実り、絶滅危惧Ⅱ類から2007年には準絶滅危惧種に再指定された。一般に、野生由来の個体は天然記念物になるが、園芸品種などは対象外である。美意識のもとにつくられた園芸品種は民族文化財といえると私は思っている。記録にそって5つの時期に分けて桜草の歴史をたどる。
第1期:室町中期から末期 〜野生種栽培の初期
 1478年最古の文献「大乗院自社雑事記」に庭前草花の2月に「桜草」と書かれている。
第2期 室町末期から江戸前期 〜栽培者が公家から上層町衆に拡大
 茶の湯が盛んになり茶花として用いられる。栽培されていたのは野生種。
 俵屋宗達、尾形光琳の屏風に桜草が描かれている
第3期 江戸中期 〜武士層が品種改良を始める 
 群落の変異種を見つけて楽しんだり、自生種の栽培化が始まる。
 最古の園芸種「南京小桜」ができる。
第4期 江戸末期から昭和前期 〜品種改良がさらに進む
 爆発的に園芸種が増え400種に届く。品種のリストがいくつもできる。
 江戸・染井の植木屋 伊藤重兵衛が「桜草名鑑」をつくった 
 桜草売りの浮世絵がのこっている。1鉢4文の庶民の文化であることがわかる。
 群落を見るだけでなく、小屋組花壇(棚を作り「櫻草作傳法」に従って鉢を並べる)を作ったり、重箱に寒天をいれて固め桜草を刺して楽しむなどの遊びがあった。、
第5期 明治・大正 〜市民への普及
 桜草を愛好する団体が発足。
 八重品種もでき、花の形態の多様さが愛好者を増やしていく。



玉咲きサクラソウ.jpg

タグ:園芸 開拓 宿根
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

人のかたちをしたプランター 今年の花はどんな花 [ふるさと]

市内のある場所に、人のかたちをしたプランターが置かれている。


かつてはその家のとなりには病院があり、多くの人が行き来した。
昨今は、通りがかる人は減りつつも、神楽と市街を結ぶ道路が開通したことで、車両の通行量が増えている気がする。
春先に、家の御主人と思われる人が雪割りしているのを見かけた。引き続き、ご健在であることを願うばかりである。



2018年

人のかたちをしたプランター20180618.jpg



2017年

2017.jpg



2015年

2015.jpg



2014年

2014.jpg



2012年

2012.jpg



2007年

2007.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

エンジェルナンバー [愛するもの]

あまりこういうことには関心はなかったのだが、エンジャルナンバーでメッセージを発信することがあるようだ。

ある数字の配列から、それがエンジェルナンバーと解釈しうるケースに私は遭遇した。

とぼけて書いているのではない。
冷静に表現するとこうなるのだ。

ある人が、ある出会いについて、生まれる前から決まっていた運命の出会いであり、再会は恋愛成就を意味すると認識したとする。

 

この場合のエンジェルナンバーは無意識のものではなく、スピリチュアル的な次元のものではなく、
相手にメッセージを伝達するために使われる。

 

そういう私も、それ以前に私なりに思案したエンジェルナンバーみたいなものを発していたかもしれず
エンジェルナンバー受信を認識したということは
私からの発信への回答なのだろう。

 

互いに互いがどういう存在なのか?
やっと認識が一致したことになる。

ただ、正直に書くと、運命に逆らわず、誰も悲しませないという条件の中でしか、私は生きられそうもない。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

放浪 巡礼の旅 [愛するもの]

いろいろあって、やっと気持ちの整理がついた


何が起きているか、話しておきたい


僕はそんなに長く生きられない気がしている


年々持病が悪化
息苦しい日々が続いている

一応、運動らしきことはできる
はっきりとした異常ではないのだが
来年はどうなっているか


家の中、廻りの整理もし始めた


生きること
出会い
働く機会
詩を書く時間
が与えられた

が、思い通りになる時間
は終わりに近づいているようだ


なんとなくそういう予感がする


若い時代からずっと
放浪する夢を見続け


いつか
穏やかな生活をしたかった


最後に
地位や金と無縁な生活がしたかった



あなたにとって
そんな僕で良かったのか


僕はずっと自信がない


そもそも多くを欲していないのだ


最後にやり遂げたいことは


愛した女性一人一人に会い
小さいことから親しみ育った
古里の山並みを見届け
それまでの
放浪を終わりとするための
巡礼の旅なのである


Souvenirs ~ Dan Fogelberg [ CC ]
ttps://www.youtube.com/watch?v=8bj3OgR7llU

タグ:古里
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

破局を予感した四つの理由 [振り返って思うこと]

いいなと思った女の子がいたにしても、当時の私は破局を予感する根拠を最低一つは見出いていた。


ひと目見ただけで、ある一言を聞いただけで、大丈夫か、大丈夫でなさそうかという直観がつい働いてしまうのである。


本当に、つい、なのである。


前もって働く直観、その直観がはずれることは滅多になく
その直観が耳元で何事か囁く
本当に困った習慣としか言いようがない。



結婚した相手は、なぜか直観的なマイナス事項はゼロ。


第一印象は、とにかくかわいい印象、雰囲気だけでなんとなくうまく行きそうな気がした。
好きかと聞かれればそうなのだろうが、恋愛感情を意識することはなかった。


もっと好きだったのに最大で四つも揃ってしまった女の子もいた。
相手との相性で自分に関するものが二つ。親に関するものが二つ。


見ている前で、親同士がいさかいを起こしてしまった場面を見たこともある。
こういう場合は、どんなに好きな相手でも私に初恋した相手でも
双方どんなに頑張ろうとうまくいきそうな気がしない。


M子(ブログ上ではそう書いている)については、性格が似すぎていて良い時も悪い時も同じ心理状態
良く言うと一心同体、悪く捉えると破局まっしぐら………………


それゆえ、恋愛、結婚、似すぎないことが第一条件だった。


夢中だった女の子との場合は、双方真面目過ぎて、うまくいかないことだらけだった。
夢中だった女の子は私以外の男に対しては常にスマートに振る舞った。が私にはいつもぎこちなかった。
また、真面目過ぎる相手は、息が詰まりそうな気がしていた。


結婚した相手の場合は、いろいろあったがそういう事態に至らなかった。


それゆえ、仮に好きな相手に出会ったにせよ、無理や我慢を互いに強い、最後に破局に至るよりは、ずっと好きな人でいた方が、出会ったときから同じ関係、同じ状態でいた方が互いに幸せではないか、そう勝手に思い込んでしまったことは否定しない。


振り返ってみて、直観は、互いにとって最悪の事態を事前に回避するための手段だったということになるのである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚