So-net無料ブログ作成

なかなかできないこと [愛するもの]

結婚した相手が見込みと違った。だから性格の不一致だとして、離婚を正当化するケースが多い。そうする方が自分が傷つかないからだろう。


しかし、そうでないケースもある。


夫が妻を弁護したケースもある。世間は不倫だと思っても私は妻を信じるとなかなか言えることではない。


ただ、相手を選ぶことは相手が自分の鏡である。

性格の不一致だ、裏切られたということを根拠に離婚することは簡単だ。


が、そういう相手を選んだのは自分なのだ。


相手が浮気癖ある女性だということは、その女性を選んだ男が、ばれなければ何度でも浮気するタイプかもしれないのである。





妻不倫騒動の神対応で太川陽介に称賛の嵐
[2017年12月15日9時24分]
 
 女優藤吉久美子(56)の不倫疑惑報道を受けて会見を開いた夫で俳優の太川陽介(58)の対応に称賛の声が相次いだ。

 太川は14日、都内で会見を行い、「うちのバカ者が軽率な行動をとって、申し訳なく思っています」と頭を下げた。藤吉から謝罪と同時に「そういうの(不倫)じゃない」と釈明されたといい、「よし分かった、信じる、と。誰が聞いたって、黒だと思いますけどね(笑い)。世間から厳しい目で見られるけども、僕が守るから大丈夫、って」と、夫婦間では解決していることを強調。離婚はないと断言し、「みんながそう(不倫)だと思っても、僕は信じます」と妻をかばった。さらに会見の最後にはお決まりの「ルイルイ!」を求められると、笑顔で写真撮影に応じるなど、終始明るく振る舞った。

 15日放送の各局情報番組がこの会見を取り上げた。TBS系「ビビット」でMCのTOKIO国分太一は「いろいろ賛否あるとは思いますけど、何よりも太川さんの会見は神対応だったんじゃないかな。奥様に対することもそうですけど、最後にルイルイをやって会見を終えるという、これですよ」と絶賛。女優の真矢みきも「心中穏やかではないではないじゃないですか、それを一生懸命、自分の中で振り絞るように、空気を暗くさせないというお人柄がすごく際立ちますね」とコメントした。

 フジテレビ系「とくダネ!」でも、小倉智昭キャスターが「太川さんは立派」と称え、梅津弥英子アナウンサーも「男性にとっては一番かっこ悪い状況ですよね。それでああいうことを言うっていう意味で、太川さんのファンになりました」と語った。

タグ:浮気
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。