So-net無料ブログ作成

旭川への道都移転話  復活させる必要はないのか  [地域経済]

ブログでは下記にて、本では、「北海道 地名の謎と歴史を訪ねて」にて、経緯が紹介されている。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


もっと知りたい!旭川   へそか、頭か 
http://blog.goo.ne.jp/atusinasu/e/83a74f2b9b0e33df7cde6ccf9ba67162



北海道 地名の謎と歴史を訪ねて 合田一雄

明治四二年(一九〇九)一月、札幌の北海道庁舎が全焼し、いまだ世燼がくすぶる中、突然、道庁移転論が渦巻きだした。旭川を主力とする道北勢が、「道庁は北海道の真ん中にあるべきだ。道庁焼失を機に道都を旭川に移せ」と主張したのだ。

議会は大荒れに荒れ、一時は移転組が大勢を占めた。札幌中心の議員が巻き返しに出て、「旭川は中心だの中央だのと地の利をいうが、人間の体を動かすのは頭であって臍ではない」と噛みつき、殺気だってあわやという場面も。当時新聞を賑わせた「北海道のへそ問答事件」である。結局、旭川側が折れてもとのさやに、と相なった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



旭川に道都を移転して何になるのか?
実は、ある地元企業の浮沈がかかっている。


JR北海道は赤字続きで、名寄以北(宗谷線)、旭川以南(富良野線)、留萌線などが廃線候補に上っているのだ。



タグ:鉄道 JR 道庁
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。