So-net無料ブログ作成

婚礼のこと 小泉八雲短編集 [小説など]

婚礼の話と言うと目出度い話を思い浮かべる方が大部分と思う。

小泉八雲の「赤い婚礼」という短編では、現世で結ばれなかった、

若い男女の想いと悲劇的な結末を

視覚的に描いている。

小泉八雲 短編集 「赤い婚礼」テキスト文書
http://teabreakt.studio-web.net/7akaikonrei.pdf

フィクションに過ぎない話ではあるものの、一途に生きた人々、古い霊的な日本の叙情的風景が目に浮かぶようである。

さて、この短編の主人公の男女は、小学校時代の同級生である。

私にも、小学校1年、2年に、手をつないで一緒に登校した、同じクラスだった、直子ちゃんがいた。

三角屋根の大きな家に住み、やや小柄、ややハスキーボイスで、黒目が大きい、ボーイッシュな子だった。

私は、この短編集に出てくる女の子が、直子ちゃんに思えて仕方がなかった。

この短編集の話が、思いがけず、子供時代の記憶に、突き刺さってしまった感じなのだ。

もし、自分がその時代に生きていたら、どうなっていただろうと、ふと考え込んでしまうのである。

ただ、現実の直子ちゃんは、小学3年の春に転校してしまったので、互いに気にすることもなく済んことで、ほっとしているのだが…………………


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0