So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

数十年後に旭川駅周辺ははどうなっているか [ふるさと]

今の新駅舎は、壮大な仕掛けが随所に施されていることに、私は気がついている。
人々が壮大な仕掛けに気がつくのはおそらく数十年先。私はこの世にいないだろうが。



駅舎の北側は買い物公園。南側は、河川を取り囲むように壮大な並木が続く中核都市にしては珍しい河川公園。

旭川は、家具が地場産業、彫刻の街であり、買い物公園がある関係で、都市計画的にデザイン都市なのだ。デザインに詳しい方なら気がついていることと思う。


私は、ランドスケープデザイナーではないが、一時期デザイン関係の本を買い揃えた。千葉大学に意匠工学科があることを知り、受験しようと考えたこともあった。
そういう視点で駅舎を眺めると、3次元空間ソフトを駆使し、将来の都市空間をイメージ、予測した場合、駅舎周辺が、世界的に例を見ないスケールで、都市公園の中核としての駅舎が鎮座、鉄道・自動車・自転車の移動手段の拠点として駅舎が位置づけられるだろうと予感。それくらい創造性を揺さぶられる、無垢の空間素材が新駅舎周辺にあるのである。


おそらくであるが、数十年後、旭川はサイクリングツアーの拠点都市として全国に知られることになるだろう。

ただっぴろい河川敷に何気なく苗木が植えてある。その中にイチョウの苗木があったとして、50年後にどんな並木を形成することになるだろう。桜の苗木があったとして、50年後の春にどんな桜並木になっているだろう。この地帯一帯が春・夏・秋・冬でどうなっているのかを想像すると、こんな素晴らしい街に生まれたことをうれしく思ってしまうのだ。


少なくとも、紅葉の時期、銀杏が取れる時期は、街の名所になっているのは間違いないだろう。



旭川は、人口減が著しく、商業的には廃業・閉店が相次いでいる実態にあるが、都市空間デザイン的には、まだまだ、将来的な可能性が期待できる街であるように思う。


旭川駅2014.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

四つの噴水の想い出 [幼少期]

噴水について、四つの想い出がある。


一つ目の想い出はは、世界的に有名な噴水公園。場所は、ローマの郊外チボリにある。


イタリアでもっとも美しい噴水庭園『ティヴォリのエステ家別荘』  イタリアの世界遺産
http://xn--5ck5a4gob177z170cgian33q.com/worldheritage/tivoli/


三十年前、公園近くまで列車に乗り継いで行ったものの、駅前に並んだ現地のタクシーに乗る気がせず、行くのを断念した。世界遺産に登録されているほどの歴史的価値があるなら、交通手段、地図について事前入手しなかったことを後悔している。



二つ目は、地元旭川常盤公園の噴水。

二○一四年五月撮影の噴水が見える写真を見つけた。年に一度は散歩がてら立ち寄ることにしている。歴史的価値も芸術的価値もありそうもない、普通の噴水だが、見ているだけでなつかしい気持ちになる。


常盤公園201405.jpg



三つ目は、買い物公園にある「手の噴水」と呼ばれる彫刻


以前は四条にあったものがいつのまにか八条に移動した。


手の噴水2016.jpg


四つ目のは、オフイス街の公園にあった噴水と書きたいところだが、小さい頃、ある店の中に噴水と庭のようなものがあったと思われるもの。その建物はもうない。階段の真下みたいな位置の、室内花壇の中にその噴水は置かれ、周りを色とりどりのパンジーの花で飾っていたような気がする。その写真を探している。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

暑中お見舞い申し上げます [愛するもの]

今年は例年になく暑い夏が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?


私は、例によって故郷が見渡せる場所を訪ね、一人歩き続けています。
キャンプ場から見える夏の夜空は、こぼれんばかりの発見があります。


素晴らしい環境で生まれ育ったものだと
いつも思います。


近くの八百屋でメロンでも買って差し入れしたいところですが
名簿の住所に送れば届くのかわからず
置手紙での暑中見舞いとなりました。



Judy Collins-The Moon Is a Harsh Mistress(Jimmy Webb)
ttps://www.youtube.com/watch?v=zLsckvMkg7c

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

旭川に出張した想い出 [ふるさと]

先日、「列車で旅する北海道」という本を古本屋で購入。


列車で旅する北海道.jpg



なつかしい列車と駅舎の写真を見つけ、旭川に仕事で出張した時代のことを思い出した。


列車で旅する北海道1.jpg


列車で旅する北海道2.jpg


出張したのはたった1回。出張先は支店。
支店の人が気を使って、お昼時に台場のおいしい蕎麦屋さんに連れて行ってくれた。が、その蕎麦屋はもうない。

出張で乗車した特急列車は、ライラック。ライラックはその後、スーパーホワイトアローに変わり、今はスーパーカムイ。スーパーカムイの凄いところは、揺れが少ない割りに、加速が良く、字の小さな文庫本が読めることだ。技術の進歩に感嘆したものである。
出張時の駅舎は、修学旅行時代と同じ。下車した後振り返った際、なつかしく、かつうれしく思ったものだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

幼馴染の恋 [壮年期]

幼馴染の女の子は数人いた。
その中で恋心らしき感情を抱いたのはそのうちのたった一人。

それもたった一度遊んだ、名も知らぬ女の子に。


まさか、その人に再会することになろうとは。
その人が私に初恋したことは、驚き以上にあり得ない偶然だった。


同級生からその人の気持ちを告げられ、何が起きてそうなるのか。
私は言葉が出ない。


互いに幼馴染だと知っていたら、どんなに楽しかっただろう。
互いに幼馴染だと知っていたら、もっと気楽に向き合えたはずなのだ。


私は、知らせずにはいられない気持ちになり、手紙を書いた。
幼馴染と出会った場面を具体的に描写して説明した。

その人は信じられまい。

それは、生涯、記憶から消えることがない、心温かな風景なのだ。





21歳の時に告白して、付き合いましたが結局は恋人らしいことは何もなく遊びに行ったりするだけでした。
幼馴染は私の事を双子の妹の様だと思っていたようで、恋人にするようなことは罪悪感があったようです。

重かったかどうか聞きましたが、好きになってくれた気持ちを重いとか思わないと言っていましたよ。

途中省略

その後ですが、お互いパートナーを持ち、今も幼馴染として仲良くしています。

二人が結ばれてほしいけれど、万が一のことがあったら同じような気持ちを持った人間がいるんだな…と私の事片隅に置いておいてください。

ちなみに、失恋時や立ち直りたい時にゲーテの格言集を読んでました。

「情熱と恋愛は消え去ることはあっても好意は永遠に勝利をつげるだろう。」
「いつも変わらなくてこそ本当の愛だ、一切を与えられても一切を拒まれても、変わらなくてこそ…」
とか…。今でも励みになります。




ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11:第2楽章[ロマンツァ:ラルゲット][ナクソス・クラシック・キュレーション #癒し]
https://www.youtube.com/watch?v=NNLednz_NYQ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | -