So-net無料ブログ作成

絵を習いに来ていた女の子の想い出 [学生時代]

小学校の時代、絵を習いに行ったことがある。
中学の美術の先生が自宅併設の研究所を開設、休日になると小学生に教えていた。
先生は、道展会員。一言で言うと、モダンでやや抽象画ぽい雰囲気の油絵画家だった。

パリの冬の湿っぽい雰囲気をうまく表現できていたように思う。


先生の家は、少し離れた住宅地にあり、日曜の朝にバスで通った。
昼頃には戻ってきたように思う。


当時の生徒、一人だけ名前と顔を覚えている女の子がいる。
その女の子は私とは反対の方角から通っていた。
同じ学年ということで、いつも横に座り見比べながら描いた気がする。
女の子らしい絵だったように思う


その女の子と、高校で再開した。


廊下ですれ違った際に気がついたので、当時と同様の雰囲気で目礼したところ
向こうからも挨拶がかえってきた。

そのことを再び確認するように、再び女の子が現れ
向こうから挨拶を求めるようなしぐさをした際に
別の女の子が私の挨拶する様子を確認しようと
少し離れたところで私の挙動を観察していたことを覚えている。


下心とか、恋心からそうした訳ではないのに
女の子たちのしたたかさを見た思いだった。

その後、その女の子と話すことなく、卒業した。
その女の子は、小学生時代の同級生みたいな人である。


後で知ったことだが、その女の子には許嫁がいたそうだ。
たぶん、高校入学前に親同士で決めたことなのだろう。

許嫁が居た人は、他に何人かいた。同級生で夫婦になったのは六つはあったように思う。
中学時代から婚約状態みたいなカップルもいた。


その女の子は、いつも落ち着いて感情をなかなか表に出さない雰囲気だったが
許嫁がいて恋愛自粛したせいかもしれない。

もしかしたら、許嫁が居た人への私からの挨拶は、要らぬ外乱だったのかもしれない。


さて、絵が描き終わる頃、先生はいつもベートーヴェンのロマンス2番のLPをかけた。
曲名は、私が先生に聞き、ずっと覚えていた。が、演奏者を聞くことを失念し後悔していたところ、偶然、YOUTUBEの動画でのバイオリン独奏、オーケストラ演奏を聞くこととなり、ハイフェッツ演奏のものと確信した。


Beethoven: Romance No. 2, Heifetz (1951) ベートーヴェン ロマンス第2番 ハイフェッツ
https://www.youtube.com/watch?v=K4WsVO0Svf8


ハイフェッツの演奏は、奇を衒ったものではなく、気品ある演奏に聞こえる。
自然に安らぐ演奏である。


絵を習いに来ていたその女の子も
ハイフェッツのこの演奏の如く
やや地味ながらも、いかにも育ちの良さそうな聡明な女の子だった。


同窓会などで話する機会がもしあったら、教室でかかっていたベートーヴェンのロマンス第2番のバイオリン演奏者はハイフェッツのもので間違いないか確認したいと思っている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

祖母が愛した名店 [幼少期]

私の祖母は大変信心深い人で、暇を見つけてはお寺に立寄り、住職と世間話するくらい、社交的な人だった。
お寺の前を通る時はきちんと礼をすることを欠かさない、今の年寄りがしないようなことを当時きちんとやっていた。


宗派は、真宗大谷派。後年、ある用事で、祖母の実家の宗派だった浄土真宗本願寺派のお寺に問合せすると、檀家ではないが寺によくお見えになられた人ということで、後を引き継いだ住職に覚えられていたほどだった。

祖母の話題は、東旭川方面に住む親族のこと(兄弟姉妹?、いとこ?)、仏事に関するもの、本願寺派に関するもの、特定の仏壇店に関するものが多かった。話題はこれら四つの繰り返しだった。本願寺派に関するものは結構難しい内容だったように思う。


仏壇店の話はどうだったかというと、先日その店に立ち寄った際、こういう話になった、ああいう話になったという内容で、来る度に母に話していた。(50年くらい前の話)


作法とはそういうものだと繰り返し語った人だった。そうやって、祖母は、伝統やしきたりを母に伝えようとしたことになるのであるが、こういう話題が多いことから、祖母はその店の常連客だったような気がする。その仏壇店で、年に数回、線香やろうそく、その他の品物を買うついでに、店のどこかでお茶を飲みながら、帰りのバスが来るまでの小一時間、店の誰かと話しこんでいたのではないか。明治の人たちは、そういう付き合いを好んだような気がする。当時の店の人たちは、祖母の名前と顔、宗派を覚えているはずだし、店に親戚か親しい知り合いでもいるのだろうと子供心に思ったくらい、店の名を何度も聞かされた。
祖母は、その店の商品について品物が良いと言っていた。


だから、線香や数珠などを購入する際、迷わずそこに行った。値段が高いとか安いとかそういう次元の問題ではない。祖母の引き継ぎ事項なのである。


祖母は、店の名を語りつつ、私に仏事の存在を伝えようとしたのである。

その店、この3月末で、創業100年を以て廃業するとの情報を突然知った。チラシには、廃業・完全閉店と書いてある。


その店は、この業種では、旭川では誰もが認める一番店、良心的で商品知識が豊富なことで知られている。廃業せざるを得ない世情であることに反発を覚えている。
こういう良心的で、間違いがない店がなくなってしまうことについて、後で旭川全体の損失だったと多くの人が気づかされるだろう。


道新は1月24日に、建物が近い将来取り壊されることになるだろうという趣旨で報じている。


+++++++++++++++++++++++++


創業100年に幕 万感の思い*家具・仏壇販売の宮川本店 3月末閉店*地域に愛された店舗 取り壊しへ
【写真説明】1937年(昭和12年)に建てられた宮川本店の「家具の宮川」
掲載 2018/01/24


+++++++++++++++++++++++++


道新が、万感の思い、地域に愛された店舗と報じていることから、多くの人から惜しまれ廃業に至ったようだ。老朽化により、取り壊しとなることはいずれ避けられないにしても、関係者の胸中察するに余りあるように思う。


祖母の時代を含め、相当の存在感あった店なのであるから、できることがあれば何かしたい、協力したいと考えている顧客はたくさんいるのでなかろうか。そんな気がしてならない。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

真夜中の置手紙 [壮年期]

今日の真夜中
夢を見た
突然夢が始まり
一瞬あの人が現れ
直後に目が覚めた
時刻は夜中の1時30分





あの人は
置手紙を読み
声を発し
一瞬
時空間が破られ
メッセージが届けられた



悲しいことだけでなく
どうにもならないことが起きていることも
気がついている



近況変化等々
伝えようとしているものが何であるのか

ほんの一瞬のことであるが
私は置手紙を受け取った



私は何の助けにならないかもしれない
でも落胆する必要はない



私は今そばにいないかもしれない
だからといって落胆することはない



もう十分過ぎるほど
耐え、受入れ
すべてに応えたと思う



自由を得ることで未来が拓けることもある
未来がたとえ退屈なものであっても
悲観するほど暗いものではない



教典に書いてある如く
形あるものは遠からず消えるのだ
それゆえ落胆することはない



もし
あなたが
真夜中の1時半に
声を
あるいは
声にならない声を発したのであれば
遠く離れていても
私たちは
時空を超え共時性という絆で
結ばれているのである



How Deep Is Your Love [The Bee Gees] | Tommy Emmanuel & John Knowles
https://www.youtube.com/watch?v=MHeHypLZm_c

How Deep is Your Love - Bee Gees (ukulele cover) | Reneé Dominique
https://www.youtube.com/watch?v=uAcFZG11qsk

タグ: 置手紙
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

想い出の場所で再会した人 [壮年期]

置手紙を読み
最後の訪問となる覚悟で
幼馴染と出会った
想い出の場所を金曜の午後に訪ねることにした



しかし、そこは
闇に包まれ立ち入ることはできなかった
幼馴染に会うこともかなわなかった


代わりに
生涯傍らにおくつもりで
あるものを入手


誰もいない片隅で
幼馴染が歩き回っただろう
想い出多き場所をカメラに収めた


さらに
思いがけず
幼馴染との出会いの場にいた人を見つけた


その人は年老いても
私のことをずっと覚えているようだった


私はその人に目礼し
その人は二度私に声をかけ
車に乗り込む際に
少し離れたところから
そっと見送ってくれた


その人は
亡き父とともに孤高に生きる幼馴染を守り続けた人だった
別れを告げるつもりだったのだろう


さりげない行為に
私は気づかぬふりをしつつ
温かい心遣いに感謝し
家路についた



Close To You- The Carpenters (ukulele cover) | Reneé Dominique
https://www.youtube.com/watch?v=DLfVL9UN1sc

タグ:幼馴染
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

幼馴染と遊んだ「想い出」が消える [壮年期]

ふるさと旭川は
想い出が
次々と
消える場所になってしまった


毎年のように倒産、廃業が続く


今年もまた一つ
想い出の場所が
地図から消える


今度は
幼馴染と出会い
たった一度遊んだ
運命の場所


そこはある建物の二階にある


先代が亡くなられた時から
こうなることは決まっていたようだ


幼馴染は
想い出を胸に仕舞うために
再訪を願い


置手紙を残し


私は
出会いの風景を
見届けようとしている




別離のセレナーデ(セレナータ・ド・アデウス)
Tom Canta Vinicius - Serenata do Adeus
https://www.youtube.com/watch?v=pzy_Uhe8P2c

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚