So-net無料ブログ作成
検索選択

新婚時代の想い出 [壮年期]

新婚時代のことはあまり覚えていない

ので

忘れないために

ときどき、用事のついでにその場所を訪れるようにしている


その場所は

かつては長屋みたいな家だらけだった

私たち夫婦はその一角に住んだ

隣にいるお年寄りから、花の苗をいただき

それを植えた

翌年には花が咲いた

その翌年のことは知らない

転勤したからだ



やがて

その事業所は廃止

長屋は一つ一つ取り壊された

前回来たときは、数軒の長屋があったが

今回は、見た限りすべて更地となっていた

その当時の姿をとどめているのは

古びた電柱

そして隣のお年寄りからいただいた

水仙の花であった


牧場.jpg



今年の秋には、一帯が宅地として売り出される

そうして、わたしたちの新婚の地は

次の世代の世帯の方たちの故郷として生まれ変わり

家路に向かう途中に見えた

長屋の明かり

冬の空に瞬いたオリオンは

走馬灯の如く脳裏を駆け巡るのである

タグ:新婚 社宅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

広いつばの帽子を被った女性のこと [愛するもの]

電車の優先席で、年代的には、ある女性のお母さんと思われる、広いつばの帽子を被った方を見かけたことがあった


年齢がほぼ一致、下車駅が彼女の実家のあるところだった
長い髪、髪の輝き、情熱的な唇、顔の骨格、帽子を被った雰囲気は瓜二つだった
親子二人とも髪の輝きが普通とまったく違うのだ

女優で言うと鰐淵晴子みたいな感じ
旭川出身の彫刻家、佐藤忠良作の「カンカン帽」を彷彿とさせた





帽子・裸婦.jpg



作品の制作年から逆算し
その女性が彫刻のモデルではないか
それくらい、雰囲気が似ていた



私は
その女性と
その昔のことを語り
食事するその姿とブロンズ像を重ね併せ
どんな帽子が好みかを聞き
いつかあのブロンズ像よりも、広いつばの帽子をプレゼントしたいと
秘かに思ったときがあったことを
ふと思い出した

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

オリノコフロー [想い出の曲]

オーロラみたいな波動とメロデイが合致した名曲にオリノコフローがある。





エンヤが唄うことで知られることになった。

私は、波動効果という点では、Liberaの方が気に入っている。





少なくともこの曲を聴いている間だけは、この世の悩みを一瞬忘れさせてくれる、麻酔効果ある名曲と言えるだろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

市議会議員の娘さんのこと [学生時代]

市議会議員の娘さんで小学校同級生女の子がいた。


名は尚枝。


この女の子は、非常に気が強いところがあった。
正義感が強すぎ、すぐに平手打ちが飛んでくることなどから、〇〇ババーという、不名誉なあだ名がついてしまった。
容姿的には、美人の部類に入るのだが、挙動の激しさのせいで、誰も美人と気がつかないのである。


彼女のお父さんは、議員になる前は、個人商店を経営していた。
私のような子供にも誠実に対応された方だった。
議員になられてからは、一躍幹事長的ポストに抜擢された実力派議員だった。
おそらく、当時の郷土史のどこかにその名前が残っているはずだ。


そんな市議会議員のところに、親の薦めで就職の相談に行った。


彼女がいれてくれた煎茶を御馳走になった。
普段飲んだことがない、すっきりした味わいのお茶だった。


親は市役所勤務を望んでいた。
が、私は嫌だった。まったく気が進まないのである。


議員からは、こういうルートがある、どうかと言われたが、受験する気にはなれず、別の道に進んだ。


企業内定後、親の薦めで挨拶に伺ったところ
再び彼女がいれてくれた煎茶を御馳走になった。

議員は、地元就職でなかったことにがっかりしていた。


それ以来、お宅を訪れたことはない。彼女と話したこともない。


が、人一倍正義の塊のような彼女のことだから、今頃は、どこかの町内会の防犯部長を務められていることだろう。

タグ:就職 煎茶
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

家庭のぬくもり  山下達郎ー風の回廊 (コリドー) [想い出の曲]

平凡な生活に幸福があるという

それは私たち家族にも訪れた


夫婦で待ち望んだ
子が生まれ
妻は子育て
私は仕事に明け暮れた時期があった

夫婦二人
すべてを純粋に
受け止め
未来を信じた

やがて
子供たちは独立

私たち夫婦は
もとの二人に戻った


時々であるが
その時代を象徴する曲を
想い出して聞く


家族で遠出した出かけた先で
よく聞いた
山下達郎の「風の回廊」

富士山へのドライブの行き帰り
中央道で
何度も聞いた

ヴォーカルが時の経過を歌い
ドラムスとベースが情熱をかきたて
バックコーラスが未来に向かう風の道をつくり
私たち家族は
瞬く間に
その回廊を通り過ぎた

山下 達郎 風の回廊 (コリドー)

://www.youtube.com/watch?v=pSY-dFFqmtM

 


タグ: 回廊
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚