So-net無料ブログ作成
ふるさと ブログトップ
前の5件 | -

旭川駅の変遷 [ふるさと]

駅は街の顔だと言われる。
寂れていく街の駅は総じて、暗く廃墟化しつつある姿を見せている。


旭川駅は、旭川市の人口減が始まり、買い物公園がかつての賑わいを無くしその救世主的役割を期待される、状況で改築された。


駅舎のデザイン、特に河川側から眺めた佇まいは、世界のどこにもない個性的な駅だと私は思っている。

駅の南側は、公園として整備されたとは言い難い面はあるものの、それなりのランドスケープデザイナーがやれば四季折々で装いが変わることになるだろう。
デザイン的に素晴らしい可能性を秘めた駅舎だと思うのだ。



さて、鉄道ビクトリアルという鉄道雑誌の2011年1月号にて「旭川駅周辺立体化事業の概要」と題する文献が掲載されている。駅舎の変遷について、JR北海道の技術者が発表した文献情報である。


文章的には総じて素っ気ない表現だらけであるものの、旭川の新駅舎について
《北の街「旭川」は水と緑に輝き、冬は真っ白な雪に覆われ、四季の変化を感じることができる。この街の特徴を最大限活かし、北海道第2の都市旭川のシンボルである「河川空間」と、駅を挟んで南北に一する「広場空間」との調和を考慮しながら、「駅らしい駅」の創造を図った。》としている。


ふるさとの駅が、詩情豊かな、自然、街、そして駅舎に恵まれた幸運に感謝せざるを得ない。


旭川駅立体化事業の概要1.gif


旭川駅立体化事業の概要2.gif


旭川駅立体化事業の概要3.gif


旭川駅立体化事業の概要4.gif


旭川駅立体化事業の概要5.gif

タグ:公園 高架
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

郷土史的な性格を有する鉄道史の本 [ふるさと]

鉄道関係の本、意外に郷土史的なことを扱っています。
おやっと思うようなことが載っています。
保存版にふさわしいものの中からいくつか探してみました。


写真で見る北海道の鉄道上.jpg


写真で見る北海道の鉄道下.jpg


日本鉄道旅行地図帳.jpg


国鉄北海道ローカル線.jpg


北海道の鉄道軌道.jpg


北海道鉄道百景.jpg


北海道の大地から消えた鉄道風景.jpg


追憶の鉄路.jpg


北海道の鉄道廃線跡.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

駅弁の想い出 [ふるさと]

駅弁と言えば、釜飯、カニ飯くらいしか覚えていない。


北海道駅弁リストによれば、旭川にたくさんの駅弁があったことがわかる。



代表的なものとして、特製日食弁当、旭岳べんとうがあったそうだ。


北海道鉄道百景という本に駅弁の写真が載っている。


駅弁1.jpg


駅弁2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

塩狩峠の想い出 [ふるさと]

塩狩峠には三種類の想い出がある。


一つ目は、三浦綾子の小説「塩狩峠」を読んだ想い出である。
列車が暴走し始めたことに気づいた車掌が、自身の犠牲を以て乗客を救うべく、平然と身を投げる作家の描写は冷静であり、読み手は感動以外の言葉を探すことは難しい。
ただし、小説で描かれていることがそっくりそのまま事実ではない可能性がある。


小説「塩狩峠」の事故の状況を教えてください
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4010586.html


「写真で見る北海道の鉄道」(上)にて、冬の塩狩峠を走る列車の写真を見ることができる。

塩狩峠.jpg


塩狩峠横.jpg




二つ目の想い出は、塩狩駅周辺で咲く桜を見た想い出である。

旭川の桜が桜の北限と言われているが、私は塩狩駅が北限ではないかと思っている。






三つ目の想い出は塩狩温泉の想い出である。

一度行ったことがある。無色無臭の温泉で、母が好きだった温泉だった。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

建築史家 川島洋一氏のこと [ふるさと]

旭川出身の建築家兼建築史家、川島洋一氏が今年7月8日に逝去されたとのこと。


主な著作は以下。

・くらしと建物ものがたり―旭山動物園の町旭川と北海道編
・ふ・る・さ・と あさひかわの建物
・旭川叢書 第16巻 あさひかわの建物 ときの流れをみつめて
・旧陸軍第7師団の建築
・名寄の古建築物



「ふ・る・さ・と あさひかわの建物」という本には、珍しい建築図面が掲載されている。

「くらしと建物ものがたり―旭山動物園の町旭川と北海道編」以外は、入手困難。


旧陸軍第七師団の建築物についての調査は、川島洋一氏の業績と思う。

旭川中央図書館は、旧陸軍第七師団資料の収集方法についてまとめている。


旧陸軍第七師団について調べる
https://www2.lib.city.asahikawa.hokkaido.jp/path/div.pdf

郷土史家には参考となるだろう。


なお、「旭川の歴史的建築の保存を考える会」の活動は継続されている。


旭川の歴史的建築の保存を考える会
https://genki365.net/gnka07/mypage/index.php?gid=G0000069

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - ふるさと ブログトップ