So-net無料ブログ作成
学生時代 ブログトップ
前の5件 | -

絵を習いに来ていた女の子の想い出 [学生時代]

小学校の時代、絵を習いに行ったことがある。
中学の美術の先生が自宅併設の研究所を開設、休日になると小学生に教えていた。
先生は、道展会員。一言で言うと、モダンでやや抽象画ぽい雰囲気の油絵画家だった。

パリの冬の湿っぽい雰囲気をうまく表現できていたように思う。


先生の家は、少し離れた住宅地にあり、日曜の朝にバスで通った。
昼頃には戻ってきたように思う。


当時の生徒、一人だけ名前と顔を覚えている女の子がいる。
その女の子は私とは反対の方角から通っていた。
同じ学年ということで、いつも横に座り見比べながら描いた気がする。
女の子らしい絵だったように思う


その女の子と、高校で再開した。


廊下ですれ違った際に気がついたので、当時と同様の雰囲気で目礼したところ
向こうからも挨拶がかえってきた。

そのことを再び確認するように、再び女の子が現れ
向こうから挨拶を求めるようなしぐさをした際に
別の女の子が私の挨拶する様子を確認しようと
少し離れたところで私の挙動を観察していたことを覚えている。


下心とか、恋心からそうした訳ではないのに
女の子たちのしたたかさを見た思いだった。

その後、その女の子と話すことなく、卒業した。
その女の子は、小学生時代の同級生みたいな人である。


後で知ったことだが、その女の子には許嫁がいたそうだ。
たぶん、高校入学前に親同士で決めたことなのだろう。

許嫁が居た人は、他に何人かいた。同級生で夫婦になったのは六つはあったように思う。
中学時代から婚約状態みたいなカップルもいた。


その女の子は、いつも落ち着いて感情をなかなか表に出さない雰囲気だったが
許嫁がいて恋愛自粛したせいかもしれない。

もしかしたら、許嫁が居た人への私からの挨拶は、要らぬ外乱だったのかもしれない。


さて、絵が描き終わる頃、先生はいつもベートーヴェンのロマンス2番のLPをかけた。
曲名は、私が先生に聞き、ずっと覚えていた。が、演奏者を聞くことを失念し後悔していたところ、偶然、YOUTUBEの動画でのバイオリン独奏、オーケストラ演奏を聞くこととなり、ハイフェッツ演奏のものと確信した。


Beethoven: Romance No. 2, Heifetz (1951) ベートーヴェン ロマンス第2番 ハイフェッツ
https://www.youtube.com/watch?v=K4WsVO0Svf8


ハイフェッツの演奏は、奇を衒ったものではなく、気品ある演奏に聞こえる。
自然に安らぐ演奏である。


絵を習いに来ていたその女の子も
ハイフェッツのこの演奏の如く
やや地味ながらも、いかにも育ちの良さそうな聡明な女の子だった。


同窓会などで話する機会がもしあったら、教室でかかっていたベートーヴェンのロマンス第2番のバイオリン演奏者はハイフェッツのもので間違いないか確認したいと思っている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コンサートの想い出 [学生時代]

私にとって名曲とはこの曲。


salt,sun and time (cover)/Bruce Cockburn
https://www.youtube.com/watch?v=K6oQKGjgNUM





ウイスキーでも飲みながら聞いてみたい曲である。
演奏解説をすると、カポタストを使わず指の動きがスムーズな、最初の方がテクニック的に上手いが、2番目の方が音色が良い気がする。


実際、コンサートに行って指の動きを観察しつつ聴いたことがあるのでわかるのだ。


場所は、街中のちょっとした小ホール。チケット代は3000円。



人待ち顔の、見覚えのある女の子が、一人入口近くで立っていた。
その女の子が誰だったのか、思い出せなかった。


その日はこの曲が似合う冬ではなかった。
それでも、ギター演奏は冴え、難しい曲を難なく弾いていた。


会場は室内だったが、無風の星空の下で聴いている気分になった。


多くを語らないが、演奏している姿から、演奏者は雪国を愛していることが伝わってきた。


しんみりした雰囲気の中、コンサートは続いた。
誠実なる姿での演奏に続いて
整列した場面で行われるような拍手が続いた。


拍手が10秒くらい続き、止み
演奏者はしばし沈思黙考した後、次の演奏に入った。


それが何度か繰り返された。


アンコールは3曲してくれたと思う。


目の前の演奏がレコードで聞いたものと寸分違わぬことに満足して私は会場を出た。



出口で、再び、どこかで見かけたような女の子が一人うつむいて立っていた。
どう見ても、見覚えのある女の子だった。


私は、その女の子と話がしたい気が起きなかった。


帰宅後、演奏会での出来事を振り返り、私はその女の子に二度と会わない決心を改めてしたのだった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

2月24日に起きたこと [学生時代]

もう何年も前のこととなるが、2月24日に起きたことは昨日のことのようにはっきり覚えている。



今年は、豪雪かつ寒波厳しい年であるが、東京の私大を受験した年は違った。
その一週間の東京、朝方はミルク色の空で湿っぽいのだが、日中は桜が咲きそうなくらい穏やかで風のない一週間が続いた。


テレビは、連日、地方から来る受験者のために、交通機関の遅延の有無を正確に報道していた。


あの報道には本当に助けられた。
アナウンサーに励まされている気になった。


2月24日は、東京で最初に受験した有名私大の合格発表日だった。
私の受験番号は、申込が早かったこともあり、二ケタ台。
畳数枚のベニヤ板に貼り出された、合格者番号リストのなんと右端の上、それもトップに私の番号があった。



他に国立大学複数試験を予定していたが、私はこの日を以て、長く苦しかった受験時代が終わった。


私は、一週間で三校受験し、いずれも合格した。
自分にしては出来過ぎだった。



その三日間は、解答用紙に向かう自分が普段と違い、頭が冴え、冷静だった。知り合いがいない受験会場で、休み時間にしたことは、チョコレートを食べ、鉛筆を丁寧に削り、消しゴムの使いごこちを確認することだった。



受験会場から出てくる途中で、受験者の父兄と思われる方々が、受験生一同を拍手で迎えてくれたこともあり、自分の子供以外への思いやりある父兄がいたことを知り、この日を以て殺伐とした試験至上主義を棄て、目先の利益に捕らわれず学問、仕事に向かう生き方に切り替えることにした。


三校受験した際にあった、いろいろな出来事から、その後の生き方を変えるほどの衝撃を受けたことを、振り返って思い出すのである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

小学校の想い出 [学生時代]

旭川市内の、特に、中心市街地の小学校は、中央小学校はじめ廃校になったところばかりと思う。


小学生時代の想い出が一杯つまった本を見つけた。


なつかしの小学校図鑑.jpg


著者は私よりも一回り上の世代の方だが、この本に書いてあることは私の小学校時代に経験したこととほぼ一致する。


それにしても凄い記憶力だと思う。著者の記憶力に脱帽する。

この本一冊と卒業アルバムがあれば、小学校の記憶は消えてなくなることはないと思いたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

温泉街出身の女の子のこと [学生時代]

大学時代
恋だけはすまいと思っていたが
遠く離れた場所の温泉街出身の女の子
のことがいつも気になっていた。


一緒にいて気疲れしない雰囲気の子で
漫画に出てくる女の子そっくりだったこともあり、
気になるので声をかけてみた


が、その後、なかなか出てこない
たまに出てきたと思ったらすぐに姿を消す


それでいてちゃっかり進級している
不思議な女の子だった。


1年たち、2年たち、やがて姿を見かけなくなり
彼女の消息はわからないまま卒業した。


居ても居なくても、いつもなんとなく、気になった子だった。
講義室にいなければいないで気になり
居ればいたで何をしているか気になった。

他の女の子の顔は思い出すことはないが
その女の子の横顔と髪型は忘れない。


縁とはそういうものなのかもしれない。

タグ:温泉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 学生時代 ブログトップ