So-net無料ブログ作成
振り返って思うこと ブログトップ
前の5件 | -

破局を予感した四つの理由 [振り返って思うこと]

いいなと思った女の子がいたにしても、当時の私は破局を予感する根拠を最低一つは見出いていた。


ひと目見ただけで、ある一言を聞いただけで、大丈夫か、大丈夫でなさそうかという直観がつい働いてしまうのである。


本当に、つい、なのである。


前もって働く直観、その直観がはずれることは滅多になく
その直観が耳元で何事か囁く
本当に困った習慣としか言いようがない。



結婚した相手は、なぜか直観的なマイナス事項はゼロ。


第一印象は、とにかくかわいい印象、雰囲気だけでなんとなくうまく行きそうな気がした。
好きかと聞かれればそうなのだろうが、恋愛感情を意識することはなかった。


もっと好きだったのに最大で四つも揃ってしまった女の子もいた。
相手との相性で自分に関するものが二つ。親に関するものが二つ。


見ている前で、親同士がいさかいを起こしてしまった場面を見たこともある。
こういう場合は、どんなに好きな相手でも私に初恋した相手でも
双方どんなに頑張ろうとうまくいきそうな気がしない。


M子(ブログ上ではそう書いている)については、性格が似すぎていて良い時も悪い時も同じ心理状態
良く言うと一心同体、悪く捉えると破局まっしぐら………………


それゆえ、恋愛、結婚、似すぎないことが第一条件だった。


夢中だった女の子との場合は、双方真面目過ぎて、うまくいかないことだらけだった。
夢中だった女の子は私以外の男に対しては常にスマートに振る舞った。が私にはいつもぎこちなかった。
また、真面目過ぎる相手は、息が詰まりそうな気がしていた。


結婚した相手の場合は、いろいろあったがそういう事態に至らなかった。


それゆえ、仮に好きな相手に出会ったにせよ、無理や我慢を互いに強い、最後に破局に至るよりは、ずっと好きな人でいた方が、出会ったときから同じ関係、同じ状態でいた方が互いに幸せではないか、そう勝手に思い込んでしまったことは否定しない。


振り返ってみて、直観は、互いにとって最悪の事態を事前に回避するための手段だったということになるのである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

女性は恋をすると美しくなる [振り返って思うこと]

ある女性の婚約発表報道後の写真を見た


見違えるような美人に映っている

自分で自分のことを美人だと語る女性がたくさんいる
一方でその人は
そういうことを自分から語るタイプの人ではなかった


今朝見た新聞では
血筋にふさわしい
高貴な美人顔になっている


女性というものは
恋をすると美しくなるものなのだ


という私は
かつて付き合い始めた女性が
周囲から綺麗になったと
冷やかされ照れたことを想い出した


女性とはそういうものなのだ

タグ:婚約
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

もしもっと素直になれたら [振り返って思うこと]

自分の気持ちを確かめるために
何度も訪れる場所が
2箇所
ある


1箇所目は
正月早々に訪れた
あの子の家
あの子は
最後の最後まで
自分の本当の気持ちを
明かそうとしなかった

そうしてしまったのは
半分は自分の責任がある

もう1箇所は
思い出したくはない
あの日
あの場所

あれから
数十年が経過
その人は
人生の節目節目に
夢となって現れる

私にとっては予想しないことだった

人生において
大きな意味を持つ二つの出来事が
たった数十日の間
に起きるとは
予想できなかった


タグ:想い出 素直
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

サクランボの木の想い出 [振り返って思うこと]

そのサクランボの木は
ある女の子の家に行く途中にある

サクランボの木.jpg

私は
バスを降り
碁盤の目の区画を
一つ一つ通り過ぎた

サクランボの木は
北西角地にあった
当時は、木造二階建てのトタン屋根の家が
あった
最近、家は取り壊され
サクランボの木が残された

廻りは何もないので、毎年大きくなっていく
いつのまにか
果樹園にあるのと同じくらい
たわわな実をつけている

その恋はかなわなかった

すれ違いが多すぎ
私が去ることで
静かに終わりとしたのだ

その女の子の家には
再び行くことはない

用事のついでに
通り過ぎた際に
見かける
そのサクランボの木は
あの時も
そして今も
見守り続けているような気がするのである


タグ:サクランボ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

夫婦の危機 [振り返って思うこと]

目の前になんとなく素敵な女性が現れ
その人と相思相愛であることがわかると
一歩前に進みたくなるものだ

誰にでもそれは起きる

私にもあった

何度か
それは起きた

が、振り返ってみて決定的にそうならなかった理由
それは夫婦で築き上げた想い出の大きさを知り
踏みとどまったことが大きい

たとえば
子供が小さかった頃に来ていたセーターを眺めて
これを消せるのか
という問いかけに答えられるのか

読まれている方、女性の方が多いと思うが
もし、離婚という場面に出くわしたくないなら
夫婦の想い出
子供と過ごした日々の記録を
大切に扱ってきたのか

誘惑はいつもある
それは予期しない時に
心の隙間に忍びこむ

その女性が忍びこむようにやってくるのではない
その女性の心にも
同時に忍び込むものなのだ


タグ:子供 夫婦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 振り返って思うこと ブログトップ