So-net無料ブログ作成

新婚時代の想い出 [壮年期]

新婚時代のことはあまり覚えていない

ので

忘れないために

ときどき、用事のついでにその場所を訪れるようにしている


その場所は

かつては長屋みたいな家だらけだった

私たち夫婦はその一角に住んだ

隣にいるお年寄りから、花の苗をいただき

それを植えた

翌年には花が咲いた

その翌年のことは知らない

転勤したからだ



やがて

その事業所は廃止

長屋は一つ一つ取り壊された

前回来たときは、数軒の長屋があったが

今回は、見た限りすべて更地となっていた

その当時の姿をとどめているのは

古びた電柱

そして隣のお年寄りからいただいた

水仙の花であった


牧場.jpg



今年の秋には、一帯が宅地として売り出される

そうして、わたしたちの新婚の地は

次の世代の世帯の方たちの故郷として生まれ変わり

家路に向かう途中に見えた

長屋の明かり

冬の空に瞬いたオリオンは

走馬灯の如く脳裏を駆け巡るのである

タグ:新婚 社宅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚