So-net無料ブログ作成

優子ちゃんの想い出 Part2 [愛するもの]

優子ちゃんは大学の同期生
今も独身

学生時代は当時の雑誌の表紙を飾った、キュートでかわいいタレントのそっくりさん

ある女の子を介して交際を勧められたことがある

脈があったのは確かだ
が、
何を考えている人かわからないという気がして
近づこうと思わなかった

しばらく恋愛沙汰から遠ざかりたい気持ちもあった

彼女は、卒業後、有名企業に就職、地元に残った
最初に配属となった職場の行事で、偶然再会

優子ちゃんは魅力的で
本来なら、そこでデートに発展するはずなのであるが
私は誘う気が起きなかった

あれから数十年たち
送られてきたメールを読み
会いたがっていることを知った

私は、自分の選んだ道を振り返り、自分の気持ちを正直に伝えた

彼女は会いにやってきた

いろいろ話をした

彼女は父のことをたくさん話した
父思いの子だった

私がある女性と結婚したその年
彼女は会社を退社、スペインに旅立ったことも知った
スペインでスペイン語を学んでいたそうだ

別れ際、私は記念の品を渡した
彼女は、今度会うのは40年後ね、と言った

私は、その意味を聞かず、そのまま別れた