So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひこうき雲」の想い出  どこまでも遠いところへ………… [学生時代]

ユーミンこと荒井由美の曲を初めて聴いたのは、デパートの特設会場。

当時、人気だったヤマハの最新機種のステレオで荒井由美の「ひこうき雲」のアルバムを聞いた。

荒井由美.jpg


日本にもこんなしゃれた、ボサノバ風のアレンジの曲をするミュージシャンがいたことを知り、衝撃を受けた。

そのうちの一曲、「雨の街を」はその時代、繰り返し聞いた曲である。

このアルバムの曲で、次に気になる曲は、「曇り空」。
「雨の街を」と同様、東京の春の移ろいやすい天気をテーマとした、女性の心理状態を重ねた曲である。ネガテイブでありつつもアグレッシブなアレンジが面白い。好きな曲ではないのだが、脳裏から離れない。


このアルバムには、他に有名曲はある。が、私には、「雨の街を」以外の曲を説明する気になれない。

あの曲にあるように、
ミルク色の空の下、小雨が降る中、傘をさし大学通りを進み、合否発表を見に行った自分の姿を
そして、その日を待ちかねたように、現れた、その人の姿を

私は忘れない

その人と一緒なら、どこまでも遠いところへ歩いて行けそうな気がした

自分と

長く辛かった時代がその日に終焉したことを

昨日のことのように想い出すのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

もしもっと素直になれたら [振り返って思うこと]

自分の気持ちを確かめるために
何度も訪れる場所が
2箇所
ある


1箇所目は
正月早々に訪れた
あの子の家
あの子は
最後の最後まで
自分の本当の気持ちを
明かそうとしなかった

そうしてしまったのは
半分は自分の責任がある

もう1箇所は
思い出したくはない
あの日
あの場所

あれから
数十年が経過
その人は
人生の節目節目に
夢となって現れる

私にとっては予想しないことだった

人生において
大きな意味を持つ二つの出来事が
たった数十日の間
に起きるとは
予想できなかった


タグ:想い出 素直
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ベートーヴェン 実らぬ恋 [想い出の曲]

ベートーヴェンは恐ろしく(異性に対し)情熱的な人だったようだ。
ピアノ曲のメロデイがそうではないか、という解説を、仲道郁代(ピアニスト)の本で読んだ。

その情熱さゆえ、受けた傷は深い。


ベートーヴェンが愛した女性達と手紙
http://www.freude.or.jp/?page_id=888

不滅の恋/ベートーヴェン
http://kimageru-cinema.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-685d.html

ベートーヴェンをめぐる女性たち
http://www.h2.dion.ne.jp/~kikukohp/campanella.12.html

ベートーヴェンはその名声ゆえ、そのプライドゆえに中途半端な恋など、できなかったのであろう。

そして、その音楽性ゆえに。


ベートーヴェンと比較するに値しないかもしれないが、私の結婚観について述べさせていただく。


結婚とは、家庭とは
平凡な生活の積み重ねである。
平凡ではあるが心静かな生活、という当たり前のことに気づいたのは、二十歳過ぎだった。

自分よりもほんの少し不真面目で
自分よりもほんの少し情熱的でない
人が
自分に合っていると考え
そういう人を探すことで
なんとか結婚できそうな
気になったし
実際そうなったような気がするのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚