So-net無料ブログ作成
検索選択

一木支隊全滅 零戦隊の命令違反が原因だった? [ふるさと]

新刊書で、元戦艦「大和」副砲長だった方が書かれた本の中に、零戦部隊が命令違反があり、本来ガダルカナル飛行場を死守すべき任務を負っているのに勝手にラバウルに移動、その直後、やすやすとガダルカナル侵攻を許したとの指摘がある。

戦艦「大和」副砲長が語る真実 【その2】 ガダルカナル戦の敗戦原因は零戦飛行隊の命令違反にあり
http://blog.goo.ne.jp/abe-blog/e/447c394b93faa85316f6706d11454c6c


一木支隊全滅は、海軍の軽率な対応が招いたのである。

一木支隊は、ミッドウエー海戦での敗北を知っている関係で、敗北の事実を隠蔽する目的で、全滅させるために、大本営はそうしたのではないかという見方ができる。
東京裁判で海軍関係者が訴追されなかったそうだが、計られてそうなったと考えるしかあるまい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

優子ちゃんの夢   [青春期]

ある夜
珍しく長い夢を見た

それは優子ちゃんと遊ぶ夢だった

優子ちゃんはいろんな場面に現れた
思った以上に、義理がたい女の子だったようだ

優子ちゃんと最後に言葉を交わしたのは
就職直後の勤務場所
その際、優子ちゃんから記念の品を貰った

偶然の出会いだった
あのとき礼状一筆書いていたら
互いの人生は変わっていただろう
が、私は優子ちゃんとは縁がないと
思い、今に至っている

優子ちゃんには
何を考えているのかわからない部分があった
それが躊躇った理由のすべてだった
本当はそうではないのかもしれないが

その後キャバクラでアルバイトしているとの噂が立ち
自分の予感が的中したと思った

しかし
彼女がこうして生涯独身を通し
人を介し交際を勧められたことを振り返ると
私は、優子ちゃんのことを無視できなくなる

事実、彼女は会いたがっている
夢でそう知らせてきた

私はあの時期何をやっても不調だった
と返事した

夢は、
その後の便りがないことへの催促
食事に誘ってほしい
という、彼女なりの願望だったのだろう


タグ: 願望
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

想い出の食堂 満腹食堂 [ふるさと]

その食堂は『いとしの大衆食堂 北の味わい32店』にて最後に紹介された食堂である。
店の名は満腹食堂。

満腹食堂.jpg

開店は昭和48年。大した記憶はないが、当時は、普通の食堂だったような気がする。
今は玄関フードが付いているが、開店当時はなかったように思う。

近くの高校生が通ったとされるが、下宿生が通った店ではないかと思う。当時、北は稚内市、東は留辺蘂町、南は占冠村から親元を離れて下宿していた方がいたようだ。下宿生の中には家出同然の人もいたようだ。

さて、この食堂、何の変哲もないかと思いきや、かつ丼が名物だったそうである。

たま~に食べたくなる満腹食堂のカツ丼
http://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1018518/dtlrvwlst/5594050/

こういう食堂は、なくなりつつある。残念なことだが。
想い出がある人は、今のうちに訪ね、あの味を確かめておくのがいいだろう。


タグ:かつ丼 食堂
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3条通り仲通りの洋食屋の想い出 [ふるさと]

その洋食屋は50年くらい前からあるのではないかと思う。

 IMG_2504修正.jpg


私は高校時代、この洋食屋に何度か通った。
同級生の送別会をやったこともある。

それから十数年後に一度だけ行った。

味は、昔のままだった。

少し甘い味付けだったように記憶する。

この店は、改装せず、往時のままで営業を続けている。
おそらく、店主は変わっていないのだろう。

当時は、安っぽいボトルなど店先に出すような店ではなかったのだが
この店がこの場所に残っているだけでも、とりあえずよしとしよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理