So-net無料ブログ作成
検索選択

小学校の正面にあった文房具店の想い出 [幼少期]

私が6年間通った小学校の正面、道路を挟んだ市場のはずれに、その文房具店はあった。
その文房具店、実は駄菓子屋を兼ねていた。

店の客は、ほぼ100%小学生。大人が来る店ではない。
そして、儲かるような店でもない、
私が行く登下校時間帯、いつも小学生は数人居たような店である。

その店の店主の老夫婦、夫婦ともに年齢は75歳くらい、白髪交じり、おじいさんは背が高く、おばあさんはやや小太り、実に穏やかで温かな雰囲気の老夫婦だった。

今になって思えば、昔話の駄菓子屋みたいな感じだった。

おじいさんもおばあさんもとてもいい人だった。当時を懐かしむコメントを掲示板で読んだこともある。


店舗は、平屋の木造。建物面積はは20坪くらい。
店舗部分の面積は、4畳半くらい。レジは店の中央奥。店のドアは木造引き戸。

売っているものは、駄菓子屋としては、飴玉、ガム、キャラメルの類。
文房具は、鉛筆、消しゴム、シャープペンシル、定規、クレヨン。漫画本もあったように思う。

値が張るものは一切ない。

店主は、年齢から察するに、この世の人ではない。店舗建物はなく、跡地らしき場所には、別の建物が立っている。
既に、時代は大量生産、薄利多売の時代、小学校前の4畳半、老夫婦が経営する日本昔話みたいな店は、ビジネスモデル的に成立するはずもない。
我々は、温かなものを捨てて、社会的合理性を選んだのだ。

ただ、小学校を訪れたた際、どの場所であったか、正確に想い出せないものの、その駄菓子屋兼文房具店のことが気になって仕方がない。

始業時間になると、毎日のように、おばあさんが、何気なく、店先の外で、通りを眺め、信号機を渡る子供たちの姿を後ろから見つめているような気がするのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

一木支隊ガダルカナル全滅を忘れるな [ふるさと]

旭川にある北海道護国神社の本殿入口に向かって右手奥の方に、一木支隊鎮魂碑がある。

護国神社.jpg

北海道護国神社 境内案内

http://www.hokkaido-gokoku.org/?page_id=256

太平洋戦争初期の敵の前線基地ミッドウェイ島攻略の為に編成され、聯隊長「一木清直」大佐名を冠して一木支隊と称しました。
聯隊長一木清直大佐以下2300余名の御英霊を顕彰し偉勲を長く後世に傳えんと建立されました。


その一木支隊については、不思議な逸話がある。


一木支隊の帰還
http://www.geocities.jp/sutanhopea/si-lb2-1.html 

ひょっとすると、ミッドウエー海戦敗北を知ってしまったが故に、その口封じのために戦地に送られた可能性があるのだ。

今年夏、旭川で慰霊祭が行われたそうである。


http://www.asahi.com/articles/ASH8N34Z5H8NIIPE003.html

ガ島でほぼ壊滅の「一木支隊」、北海道・旭川で慰霊祭

一木支隊.jpg

2015年8月21日08時26分

ガダルカナル島の戦いを経験した元・一木支隊の鈴木貞雄さん(右)と藤吉貢さん(左)。後ろは一木清直大佐の長女、安藤淑子さん=旭川市

太平洋戦争中、日米両軍が激突したガダルカナル島(ソロモン諸島)の戦いで多数の兵士が亡くなった「一木支隊」の慰霊祭が、旭川市の北海道護国神社で開かれた。
ガダルカナル島の戦いは1942年8月から約半年間にわたり、日本軍3万人超のうち約2万2千人が死亡した。一木清直大佐が率いた一木支隊は旭川市の陸軍第7師団から派遣され、この戦いでほぼ壊滅した。
慰霊祭には一木支隊に所属していた鈴木貞雄さん(97)と藤吉貢(みつぐ)さん(96)=いずれも旭川市=のほか、一木大佐の長女、安藤淑子さん(86)=東京都世田谷区=ら約20人が参加。本殿や慰霊碑の前で玉串を捧げるなどした。
慰霊祭にはかつて多くの人が参加していたが、主催していた戦友と遺族らでつくる「一木会」が20年前に解散して以降、年々参加者が減っているという。安藤さんは「いつ来られなくなるかわからないので、思い切って来ました。『すぐ帰ってくるから心配しなくていいよ』と戦いに行く前に話していた父の姿が忘れられません」と話した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ある愛のかたち    [愛するもの]

知り合いの先輩が亡くなられ、奥さんから、生前の話を聞く機会があった。

奥さん曰く
生前ご主人に
シャンソンがかかるスナック
しゃれた喫茶店
によく連れていってもらったそうである。

私も誘われて行ったことがあるので、どういう店なのかは大体は知っている。

また、美味しいケーキ、お菓子の類をこっそり、買いだめし
よく奥さんをびっくりさせたのだそうだ。

それだけではない。

奥さんが外出するときの送り迎え
家庭内のこまごまとしたこと
銀行預金管理
すべて、ご主人が請け負ったそうである。

女優さんの生活ぶりで
財布を持ったことがないという趣旨のエピソードを聞くことがあるが
先輩は、奥さんを女優さんの如く
扱い
最期は奥さんを煩わせることなく
急死されたそうである。

奥さんは、幸せだったのだろう。
そうであるが故に、帰り際
奥さんを大切に、と何度も私に諭すように語られ
私は、その家を後にした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

郷土史新刊書紹介 「写真が語る旭川 ~明治から平成まで~」 [ふるさと]

北海道新聞社から「写真が語る旭川 ~明治から平成まで~」刊行されました。
写真は、昭和の時代に出版された郷土史の本と一部重複していますが、買い物公園設置直後の昭和の写真については、新たな写真が追加されています。

2000円という価格でもあり、手頃な一冊となるでしょう。

http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=583

写真が語る旭川 ~明治から平成まで~
定価 2,160 円
北海道新聞社 編
判型・頁数 B5判、160頁
ISBN 978-4-89453-799-6
発売日 2015年11月6日

北海道第2の都市、旭川の明治から現在までの街と人々の姿を写した写真の数々。「師団通り」「平和通り」「買い物公園」と変わる通りの変遷や大正・昭和の懐かしい風景が記憶の中から蘇ります。石狩川の渡し舟や路面電車など今はない交通機関も紹介。旭川の歴史写真集の決定版。


この他に、北海道新聞社から、類似書として以下の2冊が発売されています。


旭川 街並み 今・昔
http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=80&category_id=0

旭川と道北の建築探訪
http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=51&category_id=0


タグ:昭和 郷土史
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚