So-net無料ブログ作成
検索選択

国語教師の想い出 [ふるさと]

私は、その教師の教壇での姿を見たことはない。
ただ、住所などから、あるバス停でのバスの乗降に際して、たぶん、その方だろうと覚えていたことがある。

その方は、背が高く、ご高齢で目が不自由で、バスの乗降にかなり時間がかかっていた、ことで覚えていたのである。

もしそうでなかったにせよ、「旭川九十年の百人」に載っている写真から、どこかで見かけた方ではないかと思うのだ。

たぶんその方だと思うのだ。

その方とは、国語教師であり、退職後は郷土史に打ち込まれた方である。
郷土の人物伝として纏められた、「旭川の人びと」 (1971年) (旭川叢書〈第5巻〉)は、これから郷土史を書こうとする人のネタ本になっているようだ。

そういう経緯がある関係で、当時は有名人だった方なのである。

名は、村上久吉。

村上久吉.jpg

また、国語、漢文の専門家として、「字原を探る」、「漢詩評釈と詩話」などを遺している。

「字原を探る」は漢字のルーツについての研究結果をまとめた面白い本である。古書価格は低迷しているが、著者が出版記念にあちこちに配布したことで古書店に溢れている関係でそうなっている、との話を古書店主から聞いたことがある。
「漢詩評釈と詩話」は、詩吟好きの人であれば、読みたくなるような箇所がある。少なくとも、漢文の参考書よりは面白い、という印象を持った。

話は変わるが、石井菊次郎という明治・大正時代の名外交官が書いた文章は、漢詩調である。乃木希典大将も漢詩を得意としていた軍人として知られている。あの良寛もそうだった。

私は、当時、漢文を大の苦手としていた。受験テクニックの対象として扱っていたのが原因と、反省しているものの、当時の教科書で、石井菊次郎の外交成果の凄さ、乃木希典や良寛の生きざま、人柄について取り上げていたら、漢文についてもっと関心を持って学んでいたであろうと、今は思っている。

それにしても、この年になって漢詩に興味を持つことは、学生時代、無関心過ぎたが故の因果応報としか言いようがない。


登下校の想い出 [詩]

初冬のある日
あの通りを歩いた

その通りは
幼いときは母に手を引かれ
歩んだ道だった

高校時代になって
その通りを歩き
なぜか気持ちの安らぎを覚えたのは
そのせいだった

その通りを過ぎたところ、右手信号の向こう側に警察署が見えた
左には税務署があった

遥か数十年前の
雪降る朝
私はあの信号で待たされ
何度も遅刻しそうになった

すると
通り左の方から
紺色の学生鞄を右手に下げ
首をやや右に傾げ
コバルトブルーのコートを着た
人が歩いていった

信号のところで交差点を眺め
一瞬何かを確認し
右に曲がっていった

そんな冬が3年間続いた

私は交差点に立つ自分を見つけた
信号が変わり
歩き出す自分が見えた

私は自分を追いかけた……


威厳ある教育者の想い出 [ふるさと]

テレビ出演する、ちゃらちゃらした教育専門家とは一風異なった教育者のことを書きたい。

クサベラ・レーメ女史のことである。

クサベラ・レーメ.jpg
出所:「旭川九十年の百人」

私は、この方にお会いしたことはない。
挨拶か何かで二三度、話を聞いたことがある程度だが、遠くから見た誰もが、威厳ある方だと思ったくらいの人であった。

口数が少なく、行動で示された方のようであった。

また、聖職者でもあった。昨今の聖職者たるや、日本を貶めるような政治活動を好んで行う、出自が怪しげな者ばかりだが、この方は違ったようだ。

そして、この方に導かれるような人生を送られている方が各地にいるようである。

昨今の教育専門家たちに、我が街にこんな素晴らしく、別格の教育者がいたことを、教えてやりたいくらいである。


タグ:教育 女子高

街角のラーメン屋の想い出 [壮年期]

旭川の街角の中で美味しいと思っているラーメン屋がある。
旭川ラーメンは濃いしょうゆ味で有名だが、そこは味噌味がいい。
実は、もう一つ、美味しい理由がある。

そのことを説明しようとして書いている。

その店には、夕食時になると、日雇い労働者のような服装の若者が来る。
店に入るなり、店主に挨拶する。
そして、その日一日のことやニュースのことなどを話し始める。
仕事で相当苦労しているとみえ、店に来るとほっとする雰囲気のようである。
店主との会話が父親と実の息子のように進むー

私は、横でラーメンを食べているー

年老いた店主の、片づけものをする後ろ姿は、寂しげである。
10年前に見かけた、やや口うるさげな奥さんの姿が見当たらないのだ。

かくいう私は、10年前、相当落ち込ん年末のある日、この店でネギラーメンを食べた。

その日は、想い出の喫茶店の閉店を知った日でもあった。

水彩絵の具メーカーと同じ名前の喫茶店の想い出
http://kitaguninosora.blog.so-net.ne.jp/2013-05-25

その日は、食べながら、胸が一杯になってしまった。

ラーメンを食べ、そういう結果を導いた、前半生を回顧したー

あの日以降、進むべき道を間違えていたことを思い知らされたのであった。

店主夫婦は、私の雰囲気に気づいていたにはずだと思う。

店主と客、そういう雰囲気の店なのだ。
街角にある、古ぼけたラーメン屋に過ぎないのであるが、店主の醸し出す雰囲気が、別の意味で美味しさを醸し出すのである。

別に、特段の工夫がある訳でない。ただ、そこで食べると、仕事帰りに立ち寄った日雇いの若者と同じく、同席した私もほっとするのである。

その店が、どこにあるかは書かない。違いがわかる人は、夕食時に毎日のように通う、街角の一角の店だと言えばわかるだろう。

そういうラーメン屋が旭川には、至るところにあるようだ。

有名店ばかりが美味しいのではないのだ。
それが、旭川ラーメンが美味しい所以ではないか、と旭川っ子である私は思っているところである。