So-net無料ブログ作成

嵯峨信之  小さな灯 [詩]

私の好きな詩人、嵯峨信之の詩を一つ紹介させていただく。

「小さな灯」という詩である。


一人一人の人生は
出会いの中で育まれ、向かい合い
肩を並べて歩んでいるように見えても
いずれは
離れ離れとなり
遠い光になって、消えていく

嵯峨信之得意のモチーフである。

人生は孤独に始まり孤独に終わる
そんな孤独の輪廻を描いている


が、その一つ一つの孤独にも
ぬくもりや微笑みの痕跡がある
と詩人は言いたいのであろう。


++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++


小さな灯


人間というものは
なにか過ぎさつていくものではないか
対いあつていても
刻々に離れていることが感じられる

眼をつむると
遠い星のひかりのようになつかしい

その言葉も その微笑も
なぜかはるかな彼方からくる
二人は肩をならべて歩いている

だが明日はもうどちらかがこの世にいない

だれもかれも孤独のなかから出てきて
ひと知れず孤独のなかへ帰ってゆく

また一つ小さな灯が消えた

それをいま誰も知らない

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0