So-net無料ブログ作成

市議会議員の娘さんのこと [学生時代]

市議会議員の娘さんで小学校同級生の女の子がいた。


名は尚枝。


この女の子は、非常に気が強いところがあった。
正義感が強すぎ、すぐに平手打ちが飛んでくることなどから、〇〇ババーという、不名誉なあだ名がついてしまった。
容姿的には、美人の部類に入るのだが、挙動の激しさのせいで、誰も美人と気がつかないのである。


彼女のお父さんは、議員になる前は、個人商店を経営していた。
私のような子供にも誠実に対応された方だった。
議員になられてからは、一躍幹事長的ポストに抜擢された実力派議員だった。
おそらく、当時の郷土史のどこかにその名前が残っているはずだ。


そんな市議会議員のところに、親の薦めで就職の相談に行った。


彼女がいれてくれた煎茶を御馳走になった。
普段飲んだことがない、すっきりした味わいのお茶だった。


親は市役所勤務を望んでいた。
が、私は嫌だった。まったく気が進まないのである。


議員からは、こういうルートがある、どうかと言われたが、受験する気にはなれず、別の道に進んだ。


企業内定後、親の薦めで挨拶に伺ったところ
再び彼女がいれてくれた煎茶を御馳走になった。

議員は、地元就職でなかったことにがっかりしていた。


それ以来、お宅を訪れたことはない。彼女と話したこともない。


が、人一倍正義の塊のような彼女のことだから、今頃は、どこかの町内会の防犯部長を務められていることだろう。

タグ:就職 煎茶
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0