So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土史新刊書紹介 「写真が語る旭川 ~明治から平成まで~」 [ふるさと]

北海道新聞社から「写真が語る旭川 ~明治から平成まで~」刊行されました。
写真は、昭和の時代に出版された郷土史の本と一部重複していますが、買い物公園設置直後の昭和の写真については、新たな写真が追加されています。

2000円という価格でもあり、手頃な一冊となるでしょう。

http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=583

写真が語る旭川 ~明治から平成まで~
定価 2,160 円
北海道新聞社 編
判型・頁数 B5判、160頁
ISBN 978-4-89453-799-6
発売日 2015年11月6日

北海道第2の都市、旭川の明治から現在までの街と人々の姿を写した写真の数々。「師団通り」「平和通り」「買い物公園」と変わる通りの変遷や大正・昭和の懐かしい風景が記憶の中から蘇ります。石狩川の渡し舟や路面電車など今はない交通機関も紹介。旭川の歴史写真集の決定版。


この他に、北海道新聞社から、類似書として以下の2冊が発売されています。


旭川 街並み 今・昔
http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=80&category_id=0

旭川と道北の建築探訪
http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=51&category_id=0


タグ:昭和 郷土史
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 2

根保孝栄・石塚邦男

旭川に本部を置く「ときわ短歌」に所属して、年2回夏と冬に旭川の短歌会に出席してますが、旭川市は道北の都として抒情あふれるいい都市になってますね。好きな街です。

駅も木の香のするすばらしいもの。
「ときわ短歌」では旭川市ゆかりの詩人である小熊秀雄や歌人の齋藤史さんについてのエッセイを毎号連載していますが、旭川ゆかりの書き手にはいい書き手がたくさん居ますね。一月にはまた短歌会に出席するため旭川に行くのを楽しみにしてます。
by 根保孝栄・石塚邦男 (2015-12-14 19:45) 

kitaguniN4346

「ときわ短歌」名前は、以前の投稿から伺っておりました。
小熊秀雄は、母が好きだった歌人です。マルチタレントな方でした。
根保孝栄・石塚邦男さんは、新年会で行かれるのでしょうね。
このサイトは、詩作中心なので、短歌とは縁遠いかもしれません。
が、あいわプリントの社長さんは、こういう関係の団体に顔を出され、同人誌的刊行物を引き受けておられるのだろう、と予想します。
2~3年以内に、ここにある原稿を一旦まとめ直したいと思っております。
さしつかえなければ、サイト等ご紹介いただければと思っております。
by kitaguniN4346 (2015-12-15 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: