So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

幼馴染の女の子と二度目に出逢った想い出 [幼少期]

たった一度一緒に遊んだ幼馴染
と遊んだ翌週
私は熱を出し、病院にいくことになった。

初診の日はおそらく月曜日
経過を診るとのことで、二度目に外来に行った日
最初の出会いの日から数日後に
その幼馴染に
病院小児科の待合室で再会した

その女の子は、私より先に受付を済ませ
待合室の長椅子に座っていた
となりにお母さんがいた
髪はきれいに三つ編み
とてもかわいらしくみえた
その時代のかわいい女の子はみなそうだった

私は目の前に座っているその女の子の眼をみて
数日前に一緒に遊んだ女の子であることを確信
目で挨拶した
が、その事が、その女の子にとっては
とても都合が悪い出来事だったらしく
目の前にいる私を無視した

やがて名前が呼ばれ
その女の子とお母さんは診察室に入った

その日は、昭和35年12月13日(水)か14日(木)

おそらく

運命というものは
ともすれば同じ日を選ぶのでそう思うのだ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

昭和35年12月10日の想い出 [幼少期]

もうすぐ12月10日が来る

たった一度遊んだ幼馴染の人に、出会った日を確認すべく、昭和35年の暦のサイトを開いてみた

http://www.benri.com/calendar/1960.html

その可能性あった日は、土曜日
11月26日、12月3日、12月10日のどれか

その3日のうち、その日が12月10日であろうと気がついた

父は機嫌よく帰り現金を手にしていたので、おそらくボーナス支給日
外は強風だった
店の室内に石炭ストーブがあり、ストープの火は真っ赤だった
自分とあの幼馴染の人は共に分厚いコート手袋

12月10日であろうと確信した。

もう一つ、この日だと思える理由がある
運命は、ともすれば数字的に同じ日を選ぶ傾向にあるのだ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

夫婦の危機 [振り返って思うこと]

目の前になんとなく素敵な女性が現れ
その人と相思相愛であることがわかると
一歩前に進みたくなるものだ

誰にでもそれは起きる

私にもあった

何度か
それは起きた

が、振り返ってみて決定的にそうならなかった理由
それは夫婦で築き上げた想い出の大きさを知り
踏みとどまったことが大きい

たとえば
子供が小さかった頃に来ていたセーターを眺めて
これを消せるのか
という問いかけに答えられるのか

読まれている方、女性の方が多いと思うが
もし、離婚という場面に出くわしたくないなら
夫婦の想い出
子供と過ごした日々の記録を
大切に扱ってきたのか

誘惑はいつもある
それは予期しない時に
心の隙間に忍びこむ

その女性が忍びこむようにやってくるのではない
その女性の心にも
同時に忍び込むものなのだ


タグ:子供 夫婦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

幸せな気分になれる音楽 [愛するもの]

このタイトルにあう曲を探してみた。

ストラビンスキー作曲の火の鳥の「王女たちのロンド」がいい。

おそるおそる最初の一歩を踏み出す雰囲気が、幸福感を表している。
火の鳥が飛翔する動作
徐々に滲み出る雰囲気が何とも言えない

バレエ音楽として名曲と知られている曲であるが、ホームドラマでの回顧的な雰囲気の時にマッチするように思う。


演奏はいろいろ出ている。録音技術、演奏の質、指揮者としての意気込みなどからシャルル・デュトワ指揮のモントリオール交響楽団のものを推奨するが、ナクソスレーベルからそれなりのものが出ている。

ストラヴィンスキー: バレエ音楽火の鳥:王女達のロンド
ttps://www.youtube.com/watch?v=PYSd3F3X3sQ&spfreload=10


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

旭川の歴史的建物の保存を考える会 「第8回古建築展」 [ふるさと]

偶然見つけたので、ご紹介します。

保存の会建築賞(第1回~第19回)表彰建物展と記念講演会   
         主催 旭川の歴史的建物の保存を考える会 
         後援 北鎮記念館・建築史意匠研究室 
 展示会開催  
■期 間  2016年 11月3日(木)~11月27日(日) 月曜日休館
          午前10時30分~午後4時00分
   
■会 場  北鎮記念館  (旭川市春光町陸上自衛隊旭川駐屯地              隣 国道40号線) 

■入場料   無 料
             
■展示内容 これまで会が表彰してきた47棟(一覧表参照)の建物写真と各収集資料と図面等(オリジナル写真・図面・資料及びビデオ映像含む)

■配布資料 会作成資料及び会報「だんろ」・建物パンフレット

図書販売 会等発行図書  ふるさとあさひかわの建物・緑の西洋館(カンパ)
 
川島洋一著書  旧陸軍第7師団の建築・くらしと建物ものがたり
名寄の古建築(カンパ)・他
記念講演開催(2回)  保存の会第49回研究会 (司会:軽部望建築賞委員会委員長) 
  
     ~~~表彰建物関係者による建物スピ-チと
         旭川の歴史的建物の現状と今後(川島会長)~~~
     
■日時  第1回 2016年11月13日(日)・13:30~15:30 
     第2回 2016年11月20日(日) 13:30~15:30
 
■会場  同上 展示会場内研修室(予定)

■内容  第1~19回の表彰建物関係者に表彰時から今日までの物状況と活用効果等について語って頂き、今後への想いについてのスピ-チ後、川島会長による近年の旭川の建歴史的建物状況についての講演。 

その他詳細、以下のサイトにてご確認ください。

http://genki365.net/gnka07/mypage/mypage_sheet.php?id=64420


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

五十嵐市長時代を振り返る [ふるさと]

沖縄の県知事は、自分に都合が悪いと、地元要望を無視するようである。

#######################

http://www.sankei.com/politics/news/161008/plt1610080028-n2.html

だが、県内の米軍基地・施設で最も面積が大きい北部訓練場の早期返還に関しては、地元自治体が返還を要求しているにもかかわらず、事態打開に積極姿勢を示していない。地元住民の生活は移設工事反対派の妨害活動の激化で悪影響を受けているが、翁長氏は見て見ぬふりをしているかのようだ。

 菅氏にはこの日の会談で地元の要望を丁寧に聞き、負担軽減に向けた実績や具体策を示すことで、翁長氏の県知事としての矛盾を明確にする狙いがあった。

#######################

旭川ハーフマラソンのコースを眺めているうちに

旭川ハーフマラソン コース図
http://www.asahikawa-half-marathon.jp/feature/

五十嵐広三という、社会党系の市長がいたことを思い出した。駐屯地敷地を横断するコース設定に私は驚愕した。その自衛隊駐屯地では、この夏も、近くの住民が参加できる盆踊り大会も開放行事として開催された。

陸上自衛隊旭川駐屯地 納涼盆踊り大会
http://www.onitoge.org/bonodori/2008asahikawa.htm

ずっと続いている行事のようである。

さて、この五十嵐市長時代に国道40号線前の自衛隊東門にあった停留所をなくし、裁判所前に停留所を移す様、画策、実現したことで知られる。そのことで、五十嵐市長は自衛隊嫌いと認知された。

こういう経緯を知ると、旭川ハーフマラソンのコース取り、盆踊り大会は、当時の五十嵐市政に対する強烈な意趣返しの性格を帯びていることに気づかされる。

おそらく、現師団長は、当時のことを忘れていない方なのであろう。

この五十嵐市長はアイデア市長と言われた。買い物公園、動物園、市長選挙の目玉でもあった。対立候補は、その戦略に敗れた。が、ソ連崩壊後、五十嵐広三は、ソ連から選挙資金を得たことが明るみになった。

#########################

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90%E5%BA%83%E4%B8%89
ソビエト連邦
旭川市長を務めていた1967年に、旭川市を本来日本では所属未定地であるはずの「サハリン州ユジノサハリンスク市」(樺太豊原市)と姉妹都市にした。ソ連崩壊後のクレムリン秘密文書公開により、1975年の五十嵐の北海道知事選挙出馬時には、社会党の北海道本部長(当時)の関田伸男からソ連大使館への最大1億5千万円の秘密の選挙資金援助の要請があった(資金援助が実際に行われたかは不明)[9]などのソ連との秘密交渉が明らかにされた。
北方ジャーナル事件
1979年の北海道知事選挙に立候補したとき、『北方ジャーナル』に中傷記事を書かれそうになったため、出版前に差し止めを裁判所に申請し認められた。この件は「北方ジャーナル事件」として、表現の自由をめぐる判例として著名である。

クレムリンの秘密文書が語る五十嵐広三さん
http://8003.teacup.com/doshin/bbs/5392

#########################


その五十嵐広三は、暴露されたことをきっかけに旭川を離れたそうである。

また、この五十嵐市長、公害問題を見てみないふりをする名人だったようだ。近所に公害関係担当の市役所の幹部が住んでいたが、取扱おうとしなかったのである。住民集会が開催され、当時の資料を保持している方は今もご存命である。証拠資料は存在しているのである。

蓮舫の二重国籍問題が、最近表面化したが、五十嵐広三の戸籍がどうなっていたか。

少なくとも、五十嵐市長と公害の件を見てみなかった市の幹部は、市民を裏切ったのである。

これが、私が記憶する社会党系の議員の生態である。見た目は爽やか。カッコ良く、スマートに見えるが実態は、どれもこれも似たようなレベル。
最近、党名を変え民進党と名乗っているそうだが、民主党出身の首相3人とも朝鮮式作法で水を飲むことが知れ渡り、頼みもしないのに親韓政策を選択、パチンコ業界から献金を受ける議員が多いことをその後知るに及んでんで、こういうのに騙され続けていていいのかと思う次第である。


タグ:市長 公害
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

江口日曜堂の想い出 [想い出の曲]

江口日曜堂は知る人ぞ知る、画材の専門店

江口日曜堂.jpg

旭川 昭和ノスタルジー」
旭川最古の文房具店という店先の表示は伊達ではない。
現在の店主は二代目。
「旭川 昭和ノスタルジー」という本に出てくる店主は、年老いてしまったが、かつては眼光鋭く、自説にこだわる頑固ジジイのイメージそのものだった。
この店主、実は多種多芸で知られている。エベレスト登山に行ったと思えば、絵を描き、エッセイなども書く人である。私は店先でそのウンチクを聞かされたので覚えている。
また、油彩、水彩ともプロの画家が使うレベルの絵の具を置いている店だった。

実は、店主が言うことで覚えていることがある。
絵を描くのに、道具使い方に「決まり」などない、と言い切ることである。自分は技法的に下手だとか上手だとか、そういうことも表現したいことと無縁であると、この店主は毅然と言い切るのである。

そういう店主の迫力に圧倒されつつ、画材を購入した人は多いと思う。
私は、ある画材をここで購入したが、まだ使ったことがない。

ただ、気になっていることがある。芸術学部があった、東海大学旭川校が数年前に閉校、江口日曜堂が納入業者だった関係で、当店が二代目限りで閉店とならないか、志の高い店が消えてしまっていいのか、気がかりである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

街の中のラーメン屋の想い出  赤門・五条軒 [ふるさと]

ラーメンの街、旭川でラーメン屋と言えば、青葉そして蜂屋が有名どころである。
私は、あっさり目の味噌味好きなので、どちらもそう美味いと思わない。
青葉は、店主自ら、名店、うまい店と吹聴しているそうだが、自称名物はそう美味いものであろうか?

では、どこが美味しかったのかというと、3条7丁目のビルの一階奥にあった「赤門」。
味噌味で麺の上に載せるもやしの量が多く、旭川においては珍しい、札幌ラーメンの出店みたいな店だった。
その昔、オバサン2人で切り盛りしていた店だった。赤門は今はない。
ご主人らしき人が亡くなった後、いつの間にか消滅した。
今は、その場所、カラオケ喫茶みたいになって、跡形もない。

では、ほかに、どこがあるかというと
5条通り10丁目のこの店ではないかと思う。味なら断然ここだと思う。

ラーメン屋.jpg

店の看板、店主の雰囲気などから帰化人経営の店のように思う。
最近入ったことはないが、おばあちゃんがいた時代の味は、手抜きがなく、良かった。おばあちゃんはつくり方を丁寧に息子さんに指示していたのを私はみている。たかがラーメン、わかる人がつくれば味は変わるのだ。今はこの店が名店にふさわしいかどうか、私はわからない。
中に、駐車場があり、車を出し入れするのは少し大変なことは昔と変わらない。


タグ:ラーメン屋
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旭川の街の顔=名店をダメにしたのは何なのか [ふるさと]

前から思っていることだが、中心街が廃れて行く様を眺め、黙っていられない気持ちになっている。

丸井今井旭川店に続いて、旭川西武デパートが9月末に閉店した。

丸井今井の閉店は、高速道路脇の大型ショッピングセンター設置によるもの。
旭川開基依頼、長年培ってきた都市計画が、これで壊された。
これ以降、買い物公園がスカスカになって行った。

蜂屋時計店、冨貴堂、町井楽器店、国原楽器店、金市館、各種専門店がどうして相次いで閉店せざるを得なかったか、中心地の地価下落理由を振り返る必要がある。

今回の西武デパート閉店、これは、近隣のショッピングモール開店によるもの、と書いてあるコメントをみて、なるほどそうかと思った。

******************

小松正明さん: 旭川にあった西武デパートがついに閉店、撤退となりました。私の青春時代に開店した西武デパートは都会の香りのするまぶしい存在でした。思い出の場所がまた一つ姿を消すのは寂しいのですが、これからの旭川の取り組みに注目していきます。
> https://t.co/CNBvGLPV3I

波雪さん: |д・) 9月末で閉店した、西武デパートのA館とB館の連絡通路から見える旭川市内。この景色も、もう見れません。残念です。
> https://t.co/z139dXst2v

haireriahさん: RT @dobu11: 旭川西武閉店のニュースがあったが、旭川市より人口の少ない函館市には百貨店が2店舗ある。その大きな要因は市内中心部にイオンを出店させない条例の制定。一定の床面積を超える大規模集客施設は建設できないという完全にイオン狙い撃ちの条例 - 12 時間 20 分 42 秒前

Tom-Keyさん: なんか「旭川の西武はネット通販に負けた」みたいな感じで報道されてるんだけど、イオンでしょ?斜め向かいにイオン出来たからでしょ?違うの?(涙目 - 2 日と 17 時間 22 分前

********************

これによって、歴史と由緒ある名店が、旭川からほとんど消滅したこと。
イオンによって、破壊されたものは、都市計画のすべて、買い物公園構想、街の名店であり、それらは街の顔なのだ。

従って、私は、イオンでは買い物はしない主義である。
歴史と伝統だけでなく、由緒ある名店がなくなる前に、イオンという企業が日本から消滅することを誰よりも願っている。

共存共栄しようとしないビジネスモデル、そんなビジネスモデルは破壊工作と同じだ。

なお、イオンの経営者は、民進党前代表の岡田の実家である。イオンのトップバリューは製造国が中韓に集中した時期があった。民進党岡田議員は、その日頃の発言から中韓びいきであることを忘れてはならない。

そして、現在の民進党の代表は、二重国籍問題で嘘に嘘を重ねている、よその普通の国なら逮捕状請求され議員活動やっているどころではない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ある人の死 [壮年期]

最近、ある人の、死を知った

亡くなられる前
亡くなられた後
どちらにも兆候はあった

最初の兆候は一年前にあった

軒先を歩く姿を見かけなくなり
通りがかった際
呼ばれているような気がした

ずっと入院されていたのだろう

年が明け
通りがかった際
その建物周辺
何とも言えぬ寂寥感が漂った

年末まで聞こえた呼ぶ声は聞こえなくなっていた

予感したとおりであれば
託された人が
後を継ぐことになる

後の人のことを私は知らない

が、喪が明けた後、目に見える形でのその人のやり方と決別
やや斬新ともいえるその手法は
その人が亡くなられたことを
暗示するに等しく
最近の訃報を調べ直し
その人の死を確認したのだった


YES ONWARD LIVE 1996
https://www.youtube.com/watch?v=OQ_UvogGQ_A


タグ:訃報
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -