So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

最期の思いやり [愛するもの]

余命いくばくもないある女性が、夫の再婚相手を募集するコラムを遺し、直後にこの世を去ったそうだ。


¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-35098063-cnn-int

「夫と結婚してください」 絵本作家ローゼンタール氏、コラム残し死去

CNN.co.jp 3/14(火) 13:53配信

(CNN) 間もなく妻を亡くす夫のために、結婚相手募集のコラムを執筆した絵本作家のエイミー・クラウス・ローゼンタールさんが13日、卵巣がんのため米シカゴの自宅で死去した。51歳だった。

ローゼンタールさんは米紙ニューヨーク・タイムズに今月上旬、「私の夫と結婚しませんか」というコラムを寄稿し、卵巣がんで余命わずかと診断されたことを打ち明けていた。

コラムでは、自分の死後、残される夫のジェイソンさんには新しい人と出会ってほしいという思いをつづり、「彼は恋に落ちやすい男性です。私の時も1日でそうなりました」と振り返った。

「9490日間、同じ家で共同生活をした経験に基づき、ここでジェイソンのプロフィルを紹介します」と記したローゼンタールさん。ジェイソンさんは弁護士で料理やペンキ塗りもうまく、何よりも思いやりのあるパートナーだとアピールしている。

「ジェイソンと一緒にもっと過ごしたい。子どもたちと一緒にもっと過ごしたい。木曜の夜はジャズクラブでもっとマティーニを飲んでいたい」

「でもそれはかなわない。私がこの惑星の人でいられる日は、多分あと数日しか残っていない」

「バレンタインデーに当たり、私が心から望むのは、誰かふさわしい人がこれを読み、ジェイソンに出会って、新しいラブストーリーが始まること」

ローゼンタールさんはそう書き残した。

友人で長年にわたって著作権管理を担当してきたエイミー・レナートさんは、最後のコラムについて「最も困難な状況で書かれた夫のジェイソンさんへのラブレターであり、夫と私たちすべてのための最高の贈り物だった」とローゼンタールさんをしのんだ。

¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶

逝ける妻の
夫への最期の思いやり
愛なしでは生きられない夫のために
妻は最期の力を振り絞り力尽きた

では、遺された夫は再婚するであろうか?
再婚できるであろうか?

私はしないと思う。


タグ:遺書

真夜中あるいは広い自然の中で  一人で聴きたくなる曲 [想い出の曲]

Liberaという少年合唱のライブ演奏をYOUTUBEで聴いてみた。

Stay with me - Libera
https://www.youtube.com/watch?v=X-2-6cb9j-I

CDの音よりも残響が強い。

本当に、唄っている。

本当に拍手が鳴っている。
こういう曲を創る人がいて本当に唄う人がいる。

この曲が気に入っておられる方には、こちらもおすすめしたい。

LIBERA - Libera
ttps://www.youtube.com/watch?v=rAk-V4iJYAs


タグ:合唱曲

荒井由美  「旅立つ秋」の想い出 [想い出の曲]

荒井由美のアルバム「Misslim」の最後に、目立たぬように収録されている曲がある。

Misslim.jpg

なぜか、YOUTUBEにはアップロードされない。
法律を厳格に運用し、著作権使用料徴収にこだわるあまり、音楽の世界を目茶目茶にしている最たるケースかもしれない。

この曲は、知られてはいないが聞き継がれる点において、また、ミュージシャンにカバーされる点において、傑作である。

この曲が発表されて数十年経つ。が、今も、古さを感じさせない。色褪せないのだ。
荒井由美が新曲ですと発表しても違和感が起きない。

同時代、海外の女性が唄う失恋の歌があった。

Carole King - So Far Away
ttps://www.youtube.com/watch?v=ZkqEFVNNz3I

この曲を聞かれた記憶ある方は多いだろう。
曲としてはまとまっている。
が、荒井由美ほどの感動はない。

作品としてはいい。
ビジネス的に、多くの曲を書き過ぎたのだ。

ではこの曲はどうか?
ニューヨークの孤独を唄うシンガーソングライターとして知られた人である。

Laura Nyro - He's A Runner
ttps://www.youtube.com/watch?v=pFnSnPPOW_4

彼女は、一時期、私にとって精神的恋人みたいな存在だった。

彼女がライブで唄う声は、さらに悲痛である。

Laura Nyro - He´s a Runner (live at Fillmore East 1970)
https://www.youtube.com/watch?v=s1PnjCioP7E

元歌を自身がさらにデフォルメしてライブで唄う、その声を聞くと、何も言わず、抱きしめてしまいたくなる衝動に駆られる。

「旅立つ秋」は、多くは語らない。
もともとこの曲は、先行して発売されたアルバムに入っていなかった。ラジオの深夜番組の最終回のためにつくられたそうだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MISSLIM
旅立つ秋 TBSラジオ『林美雄のパックインミュージック』が最終回を迎えるに当たって作られた曲。2番の歌詞がそのラジオ番組の終了を暗示させるような内容になっている。


夜明け前に見る夢 本当になるという

………………

秋は、木立を抜けて今夜遠く旅立つー


荒井由美が、この曲について、目立つ扱いをしてこなかった

この曲をこの時代に生きた人たちが聴いていたであろう、深夜放送番組向けに提供したことで
私は、この曲に、荒井由美の青春の真実を見るのである。


「ひこうき雲」の想い出  どこまでも遠いところへ………… [学生時代]

ユーミンこと荒井由美の曲を初めて聴いたのは、デパートの特設会場。

当時、人気だったヤマハの最新機種のステレオで荒井由美の「ひこうき雲」のアルバムを聞いた。

荒井由美.jpg


日本にもこんなしゃれた、ボサノバ風のアレンジの曲をするミュージシャンがいたことを知り、衝撃を受けた。

そのうちの一曲、「雨の街を」はその時代、繰り返し聞いた曲である。

このアルバムの曲で、次に気になる曲は、「曇り空」。
「雨の街を」と同様、東京の春の移ろいやすい天気をテーマとした、女性の心理状態を重ねた曲である。ネガテイブでありつつもアグレッシブなアレンジが面白い。好きな曲ではないのだが、脳裏から離れない。


このアルバムには、他に有名曲はある。が、私には、「雨の街を」以外の曲を説明する気になれない。

あの曲にあるように、
ミルク色の空の下、小雨が降る中、傘をさし大学通りを進み、合否発表を見に行った自分の姿を
そして、その日を待ちかねたように、現れた、その人の姿を

私は忘れない

その人と一緒なら、どこまでも遠いところへ歩いて行けそうな気がした

自分と

長く辛かった時代がその日に終焉したことを

昨日のことのように想い出すのである。


もしもっと素直になれたら [振り返って思うこと]

自分の気持ちを確かめるために
何度も訪れる場所が
2箇所
ある


1箇所目は
正月早々に訪れた
あの子の家
あの子は
最後の最後まで
自分の本当の気持ちを
明かそうとしなかった

そうしてしまったのは
半分は自分の責任がある

もう1箇所は
思い出したくはない
あの日
あの場所

あれから
数十年が経過
その人は
人生の節目節目に
夢となって現れる

私にとっては予想しないことだった

人生において
大きな意味を持つ二つの出来事が
たった数十日の間
に起きるとは
予想できなかった


タグ:想い出 素直
前の5件 | -